第5次元|宇宙社会の仲間入り

5次元世界の紹介パート3になります。

目次

先祖や友人との再会

先祖

すでに亡くなった先祖やパートナー(夫妻・恋人)、先輩のなかにも、5次元地球に転生する希望をして許可されている人たちがいます。その人たちと会い、両者が希望し、波長(波動・バイブレーション)レベルが合っていれば、生活の再開が可能です。

その人たちは、生前の肉体から離れ、人生を振り返り、地球や人類の歴史を学び、自分の本体は魂(スピリット)であり、離れた肉体は「乗り物に過ぎなかった」、「恐怖に囚われ、自分の人生を生きる勇気が持てなかった」、「肉体や物質の欲望に支配されていた」などを反省し、次からはポジティブに、そして「精神性を高める」ことに邁進することを決心すれば、5次元地球(他の惑星でも選択可能)に転生できます。(でも、自身の波動より高い惑星には転生できません)

閲覧者で先祖となる人

今、この記事を閲覧している方で、地球や人類のアセンションに同行できずに天命を全うして肉体から離れる方も、上記先祖たちと同じように、5次元地球に転生機会がありますので、アセンションのタイミングを全く気にする必要はありません!

それよりも「この肉体は乗り物に過ぎない」ことを理解し、前向き(ポジティブ)に、5次元世界への準備を実践することが大切です。

恐怖に囚われると、「3次元・低次元への執着」となり、3次元世界希望者と判定されます。(他の人が判定するまでもなく、それは自分でそう判定・希望していることを意味します)

もし、あなたに比較的波長(波動・バイブレーション)の合う父母や祖父母がいれば、そのことを伝えてあげてください。あなたによって安心できる人も、それを伝えるあなたにも、そのような使命・運命を予め知って生まれて来ています。

一緒にアセンションできることも幸せなことですが、その知らせを伴って5次元地球で再会できることは更に幸せに感じることができるでしょう!ポジティブに考えましょう!

一旦3次元世界続行を選んだ人たち

一緒に5次元地球へ移行することに意識がなく、一旦3次元世界続行を選んだ少数の人たちとは、一時的に「お別れ」となります。(過去記事参照)

(今目覚めていなくても、アセンションまでの地球や人類波動上昇に伴い、多くの人は目覚めて一緒に5次元地球へ行けます。)

その後、魂進化・成長具合や、3次元世界への執着や恐怖心を手放す意識の目覚め度合いに応じて、集団ではなく個別に5次元地球へ合流します。それが何ヵ月後か、何十年後かは個人差によります。

目覚めへの指導は、地球外生命体(次元的に近いプレアデス主体)が担当してくれます。

ペットとの再会

先立たれてしまったペットも波動が合う魂の持ち主は、5次元地球に転生し、再会することもできます。転生の際に、ペットではなく人類として生まれる可能性もあります。姿は変わっても、ペットだったことは分かります。

ペットの中には、まさにこの瞬間のために一旦、地球でペットとして生まれ、あなたと交流を行った魂もあります。そんなストーリーを知ったときは感動も倍増しますね!

宇宙種族との交流

宇宙社会デビューして、出身星を思い出す

波長(波動・バイブレーション)が同じレベルの惑星の知的生命体とは、自由に交流できるようになります。この意味では「宇宙社会デビュー!」となりますね!

以下の過去記事の中では、アルクトゥルス(6次元とそれ以上)以外の生命体と交流可能になり、また、以前自分がどの惑星の出身であったか、どれくらい滞在していて何をしていたのか、自分の歴史を知ることもできます。

シリウスには、猫顔ヒューマノイドやマーメイド、エルフ族などもいるそうです。

他にはポジティブな爬虫類型ヒューマノイドもいるでしょう。

外見や容姿という先入観に囚われず、意識を拡大して、心の受け入れ態勢を整えておくといいですね!

魂はみんなほとんど同じ形なのだから!

あわせて読みたい
出身星|Which star did you come from?/君はどの星から来たの? 人類はほとんど全て、地球に転生する前に地球以外の惑星で転生経験を持っています。 その意味で人類はスターチルドレンと変わりません。スターチルドレンとの違いは、人...

地球の高次元生命体と交流

強調しておくべきことは、「宇宙社会デビュー!」 というタイミングは地球外の生命体との交流開始だけではありません。

海洋哺乳類知的生命体

イルカ、アシカたちとも、ほぼ同レベルの波動で直接交流が可能になります。なかには人の形になって交流開始する魂もあるでしょう。

インナーアースの住民

イスラエルの12氏族で内部地球へ避難していた先人たち、過去に地表で文明(アトランティス、レムリア、アマゾン、アステカ、インカ等)を築いた経験があり、内部地球へ避難した先住民族や他にもいくつかの種族がインナーアースに生息し、宇宙的に見れば、以前から私たち未熟な人類以上に「地球人」です。

ヒューマノイドタイプに限らず、なかにはポジティブな爬虫類人もいるでしょう。

地表人類のアセンションを長年待っていてくれた人たちで、アセンションに向けて波動上昇に人類よりも多大な貢献をしてくれた人たちです。きっとアセンションを一緒に祝福してくれるでしょう。

この人たちを「突然現れた部外者」扱いしてしまわないよう、情報収集し、心の受け入れ準備を整えておくといいと思います。

惑星探索

波長(波動・バイブレーション)が同じレベルの惑星 に限定されますが、他の惑星にも行けるようになります。

太陽系では5次元金星や、太陽系外ではプレアデスが5次元アセンション完了組の中では新参組で地球人に近い、他にも多くの星、そして天の川銀河系外ではアンドロメダにも行けるようになります。

様々な伝統・文化・価値観をもつ知的生命体たちとの交流が増えるので、異星人の予習をして、「ユニークさを受け入れる」精神的余裕をつくっておくことは将来の役に立ちますね!

次の惑星アセンション支援

魂の成長・進化レベルがようやく5次元の人たちは、しばらく(何万年かなどは個人差あり)は5次元地球や5次元世界に留まり、満喫したいと望むでしょう。

なかには、魂の波動(波長・バイブレーション)が5次元よりもかなり高い人もいます。その人たちは、「次なる3次元惑星が5次元にアセンション」の支援を希望する人もいます。

「スターチルドレン」と呼ばれる特殊部隊として3次元知的生命体たちの精神性向上を手助けできます。

地球で体感済のことですが、活動初期段階では周囲からの理解を得られず苦労しますが、その方法を「知っていた!」立場として貢献できるはずです、アセンション成功経験者としてね!

これも重要な「宇宙社会デビュー」です!

さあ!宇宙社会デビューの準備をしよう!

【Music】【Video】The very best of Hubble in 4K Ultra HD NASA ESA beautiful space music 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる