SNS炎上の見方|セフィロトの樹が人類を救う!

最近、TVやSNSでインフルエンサー(世間や人の思考・行動に大きな影響を与える人物)による失言や暴言が多く、頻繁に炎上していますね。

そして、発言者を批判する意見、また逆に擁護する意見や問題点提議が飛び交っています。

決して愉快な状況とは言えませんよね?このことについては、多くの人がそう感じていると思います。

皆さんそれぞれ、個々の問題発言に対して、反感や同情などの感情を持ったり、或いはまた「他人事」と忘れてしまっているかと思います。

それらの現象について私の考えを述べさせていただきます。

前置き

私は特定の個別の誰かを批判したり、炎上に参加するつもりはありません。できる限り、多くの問題発言に共通する背景と共通する問題予防方法だけを取り上げ、「人類がより進歩できる」というポジティブな提議を目的とします。

また、私の視点は、「5次元視点」であり、「インディゴチルドレン(スターチルドレンの1種)視点」です。でもそれは決して所謂「上から目線」とは異なると、私は思っています。人類だけで解決できれば、スターチルドレンを地球に派遣する必要もないことは、派遣を決定・実行した高次元の存在もスターチルドレンも分かっています。でも実際に「派遣」は実行されたのです、なぜか?それは人類も分かっているはずです。今、感情的に受け入れられなくても、将来気づくはずです。

目次

結論

先に結論を述べますと、私が感じている結論は、炎上に参加している人たち、特に「庶民」は、「誰も悪くない!」です。

個々の問題に対して、それが意見されることがほとんど見られませんが、問題の根本は、

STEP
こんな社会体制、人類支配体制(その内容は、分断工作と双方で攻撃し合い、気づつけ合うこと)を実行している者「X」と、その被害者がいる
STEP
社会被害者Aが問題発言をして、他の誰かを傷つけたり攻撃したりして、次の被害者Bを創り出している

つまり、「X」に踊らされている。

STEP
それをまた同じ社会被害者である別の人Bが、発言内容にだけ反応し、批判し、炎上している。

つまり、「X」に踊らされている。

STEP
ステップ1から3で誰も「X」を問題視しない、或いは問題視しても発言する勇気が出せないので、また新たな話題でステップ1から3を繰り返す。

「X」は炎上に参加してすらいません。目的通り人類を踊らせているだけだから。「X」の一部種族は「炎上で燃え上がり増強されたネガティブな感情」を、文字通り栄養にして生きています。「X」により隠蔽されているため、公開されていないだけです。

つまり、炎上に参加している人たちは全て被害者です。もし、全ての被害者がそれに気づけば、類似の問題は再発しません。

気づいていないことが、問題なのです。そして、炎上案件が増えることで、気づく人は増えていきます。大多数の人が気づくまで炎上案件は起こり続けます。

「愉快な状況」と言えないことでも、人類が大切なことに気づくためには、そんなポジティブな目的のためには、何度でも発生するのは「ポジティブな理由がある」とは言えませんか?

失言者は、富・名声・権力や成功は手に入れました。

でもまだ究極の幸せを手に入れていないのですよ!

だから失言してしまうのです。

そして、そんな人たちをインフルエンサーとして崇めてしまう人たちも幸せが何か解らないから富・名声・権力や成功者を崇めてしまうのです。

なぜか?富・名声・権力は「X」が仕組んだ罠であり、ハイアーセルフが失言者やそれを崇拝したり批判する人たちへの試練でもあるからです。

あわせて読みたい
究極の幸せを手に入れる方法! 【幸せの歴史】 今回は「幸せ」という大きなテーマについての投稿にトライしようと思います。 3次元の母なる大地で、これまでに文明は何度も繁栄と崩壊を経験し、現代に...

問題予防方法

セフィロトの樹を実践

上に挙げた被害者の中で、問題発言をしてしまう人は、 「セフィロトの樹を実践 」できていません。

[セフィロトの樹 ]

タロット占いやカバラ(ユダヤ教の密教)で使われています。

私は、ユダヤ教信者でもなく、タロット占い信者でもありませんが、どんな教えの中からでも偏見なく、「共感できるもの」があれば取り入れて活用したいと考えています。

超簡潔に説明すると、「人間」はこのセフィロトの樹の図で、

  • 10から9,8,7…2,1という順に「ジグザクに」登っていきます
  • そのとき、通過する各番号に対応するテーマを習得してから、次に進みます
  • 縦方向に3分割して、下層→中高→至高世界というイメージで解釈してもいいです
  • 横方向に3分割すると、左から峻厳・均衡・慈悲の柱がある、と捉えることも重要です。左手(肉体の左側は男性を表す)で峻厳の柱、そして右手(女性を表す)で慈悲の柱をしっかりと握り(各性が得意とする分野に分かれていると解釈してもよい)、梯子を登る。どちらかの性に偏っても上手く登れない
  • 左手で峻厳の柱、右手で慈悲の柱をバランス良く握る(会得する)ことも必要
  • バランスだけでは、梯子は登れない
  • 登るという向上心・好奇心を発揮し、勇気を出し、意識的に一時的にバランスを崩して登る。動き出したら、均衡の柱・バランスを忘れないように、均衡に対応するテーマも会得して登る
  • 【重要】4と3の間には「隠れテーマ」がある!これは「会得しなくても至高世界に行ける」と解釈しても良いし、「あくまで隠れテーマであり、これ(知識)をひけらかし、傲慢になることがあってはいけない!」という警鐘と解釈するほうが良い

ここまで理解された方は、気づいたと思います!

失言者はほとんどの場合、以下の2つのいずれかに当てはまっています。

  1. 失言者は、人格形成の段階で、このセフィロトの樹のテーマを順序だてて会得できていない、特に【4.慈悲】
  2. 隠れテーマ、極論すれば会得しなくても良い【知識】の会得に長けてはいるが、それを「隠れ」とは学習せずに、ひけらかし、傲慢になってしまった。

いかがですか?

私は、敢えて、特定の炎上案件を例にあげませんが、これに当てはまっている案件がほとんどではありませんか?

そして、もうひとつの背景として、例えば、官僚の採用テストに「隠れテーマ」である「知識」だけを採用していませんか?

それならばそれは、問題の根本のひとつでもありますよね?

知識なんて、決して「それだけが重要」ということに当てはまるものではありませんよ!

つまり、セフィロトの樹の実践は有効であり、それなら 「タロット占いやカバラ(ユダヤ教の密教)なんて胡散臭い!抵抗がある!」といった【偏見】は持たないほうが良い!ということが言えますよね!

スピリチュアルの実践

セフィロトの樹を実践するしないにかかわらず、もうひとつ問題予防の方法があります。

それは「スピリチュアル」(精神)の実践です。

スピリチュアルのことに興味を持ち、ある程度実践できている人なら良く知っていることがありますね。

  • エンパス(共感)や慈悲・慈愛を大切にして魂を磨き、成長・進化させましょう!それは、巷で蔓延る「富・名声・権力」などよりもはるかに波動の高いものであり、そして、だからこそ周囲の人の波動や地球の波動をも高める力があり、魂の進化だけが死後も継続して持参できるものですね!
  • 暴言や失言を受けても、聴いてもネガティブを増幅させるのではなく、それを拒絶するのでもなく、逃げるのでもなく、ポジティブに転換し、ネガティブな言動をもポジティブな言動の波へ変えて、一緒に波動を高めていきましょう!それができなくても、せめてそうポジティブな方向へ持っていけるように考えましょう!
  • 官僚や組織の重要役職に「知識」だけをテストして採用するなんてあり得ません!スピリチュアル性が遥かに重要視されます

もし、これができるなら、「セフィロトの樹」のことを知らなくてもいいのです!なぜならスピリチュアルの世界は「セフィロトの樹」を内包しているからです!

むしろセフィロトの樹とは、高次元のスピリチュアル的存在が、人間に、物質世界を通して魂を成長させ、またスピリチュアル世界へ戻るために設定した「スピリチュアルな樹」なのです!

でも、「隠れテーマ:知識」としてセフィロトの樹のことを知っておくことはいいですね!

注意点

ここまで理解してもらえれば十分であり、明るいポジティブな未来を引き寄せることはできますが、次のことも取り組める余裕があると、なおよいと思います。

  • そういう失言者の人格や全体像を冷静・慎重に把握せずに、安易に「スター」「インフルエンサー」として崇めてしまっていた。社会的成功者を評価するとき、「一分野の成功者」には、まだ未熟な他の分野を「未習得のテーマ」として抱えているのが自然、と慎重に、温かく、(「あの人も人間だ」と)見守ってあげることも、大切な慈愛だと思いませんか?安易に崇めることは「虐待の一種」かも知れませんよ?「虐待」が言い過ぎだとすれば、少なくとも「誤認や思い込み」とは言えるでしょう。実際にはそんな完璧な人ではなかったのだから。「古人の知恵」を借りるなら、「人の成績を評価するときは、人格も総合して評価する」という習慣を思い出し、維持していくのも人類の進化に役立つと思います!
  • セフィロトの樹の例を挙げましたが、人間界に設定された「梯子を登る」というスピリチュアルなイメージは、「山を登る」というイメージも加えたほうが良いです。なぜなら、「上に行くほど勾配が急になり、ちょっとした不注意で転落や堕落しやすいもの」なのです。人間は、成功や名声を得た後には、それ以前よりも険しい場所を登らなければいけないのです。周囲の人たちは、その険しさを「思い測ってあげる」ことも必要でしょう。

最後に

今は、地球も人類も共に波動が高まり続けており、日本語でいう「化けの皮が剝がれる」現象が起きやすいのです!

「言動だけでなく、思考に注意!」というネガティブな使い方ではなく、「思考に責任を持ちましょう!」という新時代に通用する【ポジティブな活用】を心がけましょう!

早めの習慣化はデメリットが少なく、メリットが多いと思います!

数々の炎上案件も俯瞰してポジティブに捉えましょう!みんなが進歩できるように!できるから!

失言者もそれを批判・擁護する人たちも、全ての人が、「人類の進化」を意識し、自らを成長させることで、炎上案件は減り、社会の根本を治す活動へ一緒に歩める気がします!

もちろん私も含めてね!

ニコラ・テスラの名言で、私のお気に入りをここでも使いましょう!

発明の究極の目的は自然を人類の必要に役立てながら、物質世界を超える精神の完全なる支配を得ることである。

ニコラ・テスラ

こう言える人、こう言いそうな人を見極める練習をしていきましょう!

あなたが女性であろうと、男性であろうと、たとえ中性であろうと、どんな人にも男性的な要素と女性的な要素の両方必要なのです!

どちらかに偏っては、進歩に詰まるときが来ます!

むしろ、疎かになり勝ちな自分の認識と反対の性質を重視すると、長い目で見ればスムーズに進化できます!

梯子の登り方!どうだっけ?


【Music】I See The Light (私は光を見る)🎧

全てが変わって見える世界へ!みんなで一緒に!

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる