ワクチン・マスク・検査キットに含まれる酸化グラフェンナノ粒子に気を付けて!

ワクチンやマスクにどんな材料が使われているか?詳しく知っている人はほとんどいませんよね。

それについて人類に警鐘を鳴らす記事を見つけましたので、紹介します。

目次

グラフェン

グラフェン-wiki

1原子の厚さのsp2結合炭素原子のシート状物質。炭素原子とその結合からできた蜂の巣のような六角形格子構造をとっている。名称の由来はグラファイト (Graphite) から。グラファイト自体もグラフェンシートが多数積み重なってできている。
グラフェンの炭素間結合距離は約0.142 nm。炭素同素体(グラファイト、カーボンナノチューブフラーレンなど)の基本的な構造である。

Gary D. Barnett-ワクチン、マスク、テストはすべてグラフェンを含んでいます。

La Quinta Columna(スペインの組織)の医師、科学者、研究者、教授のチームからの報告

毒性の高い酸化グラフェンは、ほとんどすべての医薬品の「Covidワクチン」のバイアルに含まれているだけではないことが強調されています。マスクや「Covid」テスト(綿棒)を通じても提供されています。

コロナワクチンに酸化グラフェンナノ粒子を使用しているメーカー

AstraZeca、Pfizer、Moderna、Sinovac、Janssen、Johnson&JohnsonなどのすべてのバリアントのCOVIDワクチンにも、かなりの量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。私たちの国のさまざまな公立大学で使用されている他の技術の中でも、電子顕微鏡法と分光法による分析の結果

他ワクチンや開発中ワクチン

抗インフルエンザワクチンには、酸化グラフェンのナノ粒子と新しい抗インフルエンザワクチンが含まれており、彼らが準備している新しい、おそらく鼻腔内の抗COVIDワクチンにも、大量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。

酸化グラフェンの毒性

  • 酸化グラフェンは生体内で血栓を生成する毒性物質であり、酸化グラフェンは血液凝固を生成する毒性物質です。酸化グラフェンは免疫系の変化を引き起こします。(グルタチオンの蓄えに関連して酸化的バランスを代償不全にすることによって )
  • 酸化グラフェンの投与量がいずれかの投与経路によって増加すると、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストーム(免疫暴走)を引き起こします。
  • また、この研究によると、特定の「ワクチン」バイアル内の酸化グラフェンのレベルには、最大99%の酸化グラフェンが含まれ、それ以外はほとんど含まれていませんでした。
  • この毒素は、ナノ粒子が肺に入るときに肺炎を引き起こす可能性があります。グラフェンはまた、粘膜の金属味と炎症を引き起こし、味と匂いの喪失につながる可能性があります。また、宿主生物の内部で強い磁気応答を引き起こす可能性があり、赤血球の損傷を引き起こす可能性もあります。 
  • ほとんどすべての表面に堆積すると、電子導体に変換できます。この研究グループは、酸化グラフェンが実際に「Covid」と誤って記述されているものを引き起こすと主張しているからです。これが事実である場合、「ワクチン」は確かに生物兵器です。
  • 生体への酸化グラフェン送達の非常に多くの悪影響が長い間研究されてきましたが、製薬会社、政府、または主流メディアによってこれについて事実上何も言及されていません。 
  • これらの有毒なナノサイズの粒子を「ワクチン」に使用するリスクが高いことを理解するのにほとんど労力は必要ありません。
  • グラフェン微粒子、したがって注射によるグラフェンは、肺がんを含む主要な呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。これらの粒子が体内および細胞内に入ると、人間の免疫系はこれらの致命的なナノ粒子を取り除く能力がなくなり、永続的になり、細胞レベルで体内に極度の生理学的害を引き起こす可能性があります。
  • 生物兵器はさまざまな形で登場する可能性があり、これはこの政府や他の政府による人々に対する新しい戦争の戦術です。社会の強力な支配要素とその腐敗した政府のパートナーは、あなたやあなたの家族については何も気にせず、あなたに対する権力と支配についてのみ気にします。

人体の電子導体化

人体を電子導体化し、更にスマートフォンアプリや5G通信などを利用することで、人の思考・行動をコントロールすることができる。このことについては、過去記事でキャリー・マジェ博士が告発し、人類に警鐘を鳴らしていましたね。

人も動物も結局のところ、電気信号を体内で伝達して動いています。思考ですら電気によって行われています。

高電圧に触れると、体を動かす命令も伝わらないし、伝えようとする思考すら停止してしまいます。弱電で小さな経験をしている人も多いと思います。スマートフォンなどからの命令と電気信号は、そういった役割を持ち、兵器ともなり得るのです。

あわせて読みたい
COVID-19ワクチンについてDr.CarrieMadej/キャリー・マジェ博士の告発 20年以上ワクチン研究に携わってきたDr.CarrieMadej/キャリー・マジェ博士によるCOVID-19ワクチンについての告発動画です;(YouTubeで何度も削除されているため、BitCh...

ワクチン接種者の診療お断り

日本にある東洋医学治療院では、ワクチン接種者の診療を「接種後から1か月お断り」しています。(原文は削除されました)

理由は、新型コロナワクチン接種者からのシェディング現象「実際、周りにワクチン接種者がおられる環境の中で曝露された方が、具合が悪くなる症例を毎日診ております。

これも、酸化グラフェンが原因となっている可能性があります。

政府や支配層の方向性

このような情報提供が始まりましたが、政府や医療開発機関はどのような方向で進めていたのでしょうか。

2020年11月の時点では、これらと真逆の方針をとっていたようです。以下の記事を参考ください。

そしてその後も、危険性を知らせる情報は政府や医療開発機関からは出ていません。

危険情報は隠蔽する方針なのでしょう。

プロパガンダとはこういうものですね、片方の情報だけを繰り返し、別角度の情報隠蔽を行うと、簡単に洗脳できてしまいます。

多角的な情報収集

このような世界では、一方だけの情報に流されたり、鵜呑みにしたりせず、自分を見失わず、多角的に情報収集し、できれば、それぞれの人の発言動機(金のためか、民衆の命を尊重しているか、恐怖心から保身のための発言か)を見極めていくことが大切ですね!

そういった支配者層からの情報は「惑わされないゲーム」だと思い、ポジティブさと自分(冷静な自分本来のスピリットの状態)維持をしていけるといいですね!

周囲の雰囲気(幻想)に流されず、自分で判断(自分の心)に従いましょう!

自分をコントロールできているか、コントロールされているのか?

【Music】Footprints in the Sand (砂に残った足跡)🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる