美容整形のスピリチュアル的意味

目次

医療技術の進歩

美容整形の手術を受ける人口は、昔に比べて増えて、身近なものになってきています。

この原因には、価値観の変化もあると思いますが、手術に使用する器具や材料を含めた医療技術の進歩が最も大きいと思います。

手術失敗が怖かったり、術後に「理想と違った」と感じ、再手術への信頼感などが手術前の障壁になるでしょうから、成功率の上昇は整形に対する抵抗を下げる方向に作用するでしょう。

下に関連記事を貼りましたが、人口比率で整形手術を受ける人数が最も高いのは韓国のようですね。男女の偏見はしたくはありませんが、男性もいるようです。

日本人の整形に対する考え方

隣国である韓国で盛んなことは、日本でも少しは影響を受けているかと思われますが、日本には独特の特徴があるようです。

  • ボディーラインを変更することに興味が薄く、顔に集中
  • メスを使用することに抵抗あり、プチ整形が主流
  • 女性は母親や友人など同性との会話が整形の重要な契機

他には、日本人が韓国へ整形旅行、中国人が日本へ整形旅行など国際化も進んでいるようです。

整形に対する価値観

これら、整形に対する各国の人たちの行動傾向を見ますと、国や地域によって異なる伝統的な価値観が整形手術の背景にあることが分かりますね。

そしてその価値観は時代とともに変化しています。先に挙げた「母親や友人など同性との会話が整形の重要な契機」ということがそれを象徴している気がします。

つまり、「価値観が変われば行動が変わる」。これは、整形に限ったことではなく、どんなことにも通用しますね。

美容整形のスピリチュアル的意味

この美容整形をスピリチュアルの観点から見ていきたいと思います。

ここからは、私個人の考えであり、その考えの中には「他の人が何をどう捉えようと自由、どんな価値観を持とうと自由」ということも含まれ、決して私の考えを押し付けたり、それで誰かの行動や職業を批判するつもりはありません。

容姿は自ら選択してきたもの

スピリチュアルの世界では「自分の人生は自分で選んできたもの」と言われ、「親も子が選ぶもの」とも言われていますが、容姿のことまで詳しく語られていることは少ないです。

語られていることが少ないだけで、容姿も自分で選んできています。

「容姿は遺伝」という物質社会からの科学的意見があります、それはそうですが「遺伝を見越して選んできている」ということです。

人の容姿は不平等?

美容整形業界で「人の容姿は不平等で、それによって獲得できる人生が全く異なる」との主張があります。

それは、「人生は現世しか存在しない」「人生はこの肉体の人生以外にあり得ない」という次元に立った意見ですね。その立場からはそれ以上の高次元世界を感知することはできません。

魂の世界や宇宙はそんな不平等ではなく、全ての人に全く公平に与えられています。

魂は永遠で、何百回も生まれ、異なる肉体に宿る(乗り物に乗る)機会が与えられ、あらゆる異なる才能や特技の人生を経験します。容姿もその要素のひとつです。

宇宙の法則

そしてまた、自分でやった行いは自分に返ってきます。例えば、整形で10点分の容姿を加算し獲得しても、次回ではなくとも将来の生まれ変わり人生で10点減算することを自身が望み、それしか許可されません。ただ、「5点減点の2回払いにしますか?」とか「人生の途中で事故による怪我や、虐待による変形にしますか?」といった選択は可能です。

「発信した波動は必ず自らに返ってきて受信する」これは宇宙の法則であり、物質社会や現世にしか意識が向いていない人には理解できないことです。(過去記事では1や4の法則に該当します)

整形とは容姿においてのプチ自殺

これらのことも考慮すると、どんな容姿で、その影響力も計算のうえ、「どんな人生を送る」と選択して生まれてきて、その容姿を否定し、壊し、捨てることは、容姿においてプチ自殺を経験することと同じです。

私は、だからと言って、脅迫しているわけでもなく、それを「必ず後悔しますよ」と決めつけているわけではありません。

自由ですよ、全ては経験であり学びです。どんなことでも何百回の人生を合わせて、一度は経験しないと、経験することは出来ず、経験からくる学びを得ることはできません。そうですよね?

容姿という物質への執着

容姿や美に拘るというのは、物質世界への執着です。

それは「執着なく美を求める」のとは異なります。これは大変難しいことで、物質世界に執着していてはできません。

先ほどの過去記事:宇宙の法則の3に該当し、形あるもの・容姿は必ず陳腐化します。公園の滑り台に例えると、その高さや基礎の強度を変更したわけで、陳腐化・滑降の角度や条件が異なるという現実を引き寄せてしまうわけですから、それに恐怖するか、再手術で延命を図るか、恐怖せずに執着せずに精神性・魂の成長・進化のための課題・試練とできるかは本人の精神性・魂しだいです。

もしかすると、陳腐化を克服する人生を選んだからこそ整形することを選んだのかも知れないのです。

物質への執着を引き寄せる

容姿を改造すれば、人生は変わります。それを「幸せ」と感じるかどうかは本人の精神性・魂しだいです。

物質に対する執着心が強い者を引き寄せますね。

相対的に「人は自分を見つめ、物質や富・名声・権力に対する執着心を手放し、魂(スピリット)の成長・進化をする」といった道を歩む者を遠ざけます。

容姿が陳腐化したとき、あなたが引き寄せていた周囲の者を手術で瞬間的にチェンジすることはできません、お金で買えるものでもありません。

あなたが引き寄せた者は、まだ陳腐化していない他の物質に興味が湧き、乗り換える行動をとることもあるでしょう。そのときもあなたの心を尊重しません。平等に他の物質の心も尊重しません。それらは整形されていないし、見えないし、元から尊重していたものではないからです。

それらを踏まえて、覚悟して手術を選択できるといいですね!

魂の美容

物質は陳腐化するものです。

魂は陳腐化しないものです。

美容するなら、魂(スピリット)を磨いたほうが良くないですか?

与えられた物質的環境について、「それは、今回それでいい、それがいい!と自分で選んだ」と気づけたら、美容や容姿についても、他の富・名声・権力についても「I Am Already Enough(私はすでに充分です)」と感じることができますね!

それは物質世界では「プチ幸せ」に見えるかも知れませんが、スピリチュアル的には「大きな気づき」ですよ!

男女の区別や偏見も不要で、無料でできる「魂(スピリット)の美容整形」を進めていきませんか!?

容姿か魂 どっちの美容をお望み?

【Music】I Am Already Enough 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる