ワクチン接種前に確認|ウィルス・パンデミック・ワクチン騒動まとめ

日本ではかなり前から「高齢者」をターゲット(標的)にした新型コロナウィルスワクチン接種の案内が政府から送られ、普段TVか新聞しか見ない、つまり報道マスメディアの情報しか得ていない人は、「恐怖心」と政府への妄信により自ら希望してワクチン接種をしています。

日本以外では、それよりもやや強制的に政府からの指示で集団接種を行っているところもあるようです。

先日、高齢者ではない、私宛にもワクチン接種の案内が政府から送られてきました。

日本だけでなく、世界各地でワクチン接種を希望するかしないか、迷っている人も少なくないでしょう。

以前にいくつか関連記事を投稿してきていますが、コロナパンデミック騒動が始まってから約1年半経過した今、ここで一旦、過去記事や追加情報を加えて「まとめ」の記事を投稿しておきます。

目次

パンデミック基準の改定により固定観念を流用する危険性

昔、世界で使われていた「パンデミック」という基準では、今のコロナ騒動は「パンデミック」に該当しません。

そこで、何年も前から疫病パンデミックとワクチンによる人口削減を計画していた人たちは、先ず、2009年に「パンデミック」の基準を変更しています。

要約すると、致死率が低く、危険性が低くても「パンデミック」という、昔に定着した固定観念を使って、パニック状態を起こし、恐怖心煽り、自主的にワクチン接種させるように「パンデミック」の基準を緩和しました。

新型コロナウィルスの標本は無い。病原性も証明されていない。

新型コロナウィルスはまだその存在を証明されていません。

存在証明されていない物質を「危険」と宣伝するのことを「デマゴーグ(デマ)」と言います。

政府などがデマを流し、報道メディアが庶民ではなく、出資者たちの意向に従い、デマを拡散しています。

以前の「エイズ」も同じく、存在はまだ証明されていません。

コロナウィルスの存在を確認できる検査方法は現代の世界では、まだありません。

変異種の存在を確認できる検査方法もありません。

PCR検査法発明者の遺言

PCR検査法発明者本人が警告しています「PCR検査法をウィルス検知に使ってはいけない、どんなウィルスでも検知できてしまう」。

PCR検査ツールの使用説明書にも明記されています。

医療の基本は、発症者の症状を診察することです。

それを省いた、検査装置依存の方法は医療ではありません。

PCR検査時の「増幅回数」は国や地域によって差があります。台湾が最も標準的な回数であり、免疫力が高い日本では陽性者の人数が計画人数に達しないため、世界平均より遥かに「多い世界最高の増幅回数」により、陽性者を創り出しています!

陽性者=感染者ではありません! それを無理やり等式で結び付けているのは政府と報道メディアの結託した民衆を惑わせるプロパガンダ(特定の思想世論意識行動へ誘導する意図を持った行為)です。真実の報道とは違います!

では、なぜ発明者はそれを継続して警告しないのか?

答えは簡単です!コロナ騒動開始の半年前に「不審死」、口封じのために殺されているからです。

情報封鎖|影響力の小さいブロガーは殺さなくてもいい、サイト攻撃

私のような発言力・影響力の大きくない人間は「不審死」させる必要もない。サイトを潰せばいい。

製造責任も品質保証も無し

現代のビジネス世界では製造者責任(日本ではPL法と呼ばれるものがあります)が常識ですが、ワクチン、特に今回のファイザー、モデルナ製などのmRNAワクチンは、買い手(国政府)が急いで入手したいため、製造者責任を免除して発注しています。これで品質保証する必要はなく、生物兵器を出荷しても良いことになります。

元ファイザー副社長の告発によると、「人口削減計画に従わされ、製造させられている。」そうです。

マイナス100℃以下で保管しなければ、ワクチンの品質が劣化する製品を、常温の接種会場で希望者に注射しています。

日本では、接種会場で働く人が「恐ろしいことが行われている、自分はワクチン接種しない」と言っています。

ビル・ゲイツはWHOの大株主でワクチンで金儲けと人口削減を計画していますが、「本人もワクチン接種しない、娘にもワクチン接種させない」と公言しています。

現在では、ビル・ゲイツとエプスタイン(小児性愛、幼児虐待、殺害で逮捕)との親密な交友関係が明るみになってきており、妻との離婚問題も起こっています。

ワクチン接種後、血栓による突然死

ワクチン接種後、突然死するパイロットが発生しましたが、政府と報道マスメディアは情報を隠蔽。しかし、その情報はリーク(漏れ)しました。

他にも、突然数秒間フリーズ(止まって)してしまう人も出ていますし、電化製品と電波がつながってしまう人も出ました。

日立製作所はナノチップを開発しました。製造者責任を問われないワクチンに混入し、人体に注射可能です。

人体実験を希望してくれる人類がいるなら、開発メーカーは金儲けが可能です。

ワクチン接種という医療行為に出来高ボーナス支給する狂気

医療は強制してはいけないものです。

たとえ医療資格があっても強制したら逮捕され、法で裁かれます。

国も国民に強制する権限はありません。

騙して勧めることは、国民が自主的に希望したと認定できます。

希望者が計画ほど増えないため、政府がボーナス制度を開始。

他にもあります、「ワクチンによる人口削減」は順調にいっていません。

その原因のひとつに、「アルコール飲料やタバコ」により、人体へ有害な成分が体外へ流されてしまうことがわかりました。

だから、国や地方によっては「飲食店でのアルコール販売禁止」などの指示を政府が出したのです。

アインシュタイン格言

こういう状況を知ると、アインシュタインの言葉が思い出されます。

たとえ国家が要求しても良心に反することをしてはいけない

アルバート・アインシュタイン

ニュルンベルク裁判2.0TheInt。人道に対する罪の刑事裁判の再来

(←左記事)ドイツの弁護士がニュルンベルク裁判の再来と裁判活動を始めました。カナダやヨーロッパの複数国でも始まっているようです。

(右記事→)フィンランドで国会議員がワクチン騒動を「ニュルンベルク法違反」と発言しました。

人として生まれたら、せめて人として死にましょう!

キャリー・マジェ博士は世界人類へ警鐘を鳴らします、彼女のメッセージ最後に見せた「涙」の意味は?

「人として生まれたら、せめて人として死にましょう!」

ワクチン接種前に確認することはこれで充分ですか?

さて、「ワクチン接種前に確認」することはこれで充分でしょうか?それは、あなた自身が決めることです。私を信じないでください!私に依存しないでください!

誰にも依存せず、自分で情報を集め、検討し、自分で責任をもって、人としての生活を続けましょう!

接種する?

【Music】What Do You Think Of (あなたはどう思いますか)? 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • Your style is so unique compared to many other people. Thank you for publishing when you have the opportunity,Guess I will just make this bookmarked.2

コメントする

目次
閉じる