人生を後悔する人に足りないもの

あなたは[後悔]しない人生を過ごしていますか?

そう聞かれても、状況や相手が異なると、返答の仕方が変わるのが人間というものですね。

目次

後悔先に立たず

[後悔]と聞いて、先ず思い浮かぶのは「後悔先に立たず」という言葉です。東洋では、それを先ず思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

類似の言葉では「覆水盆に返らず」という中国故事があります。

英語では「Repentance comes too late」,「there is no use crying over spilled milk」などの表現になるようです。

そうです、[後悔]とは、基本的に「予知は出来ないもの」になりますね。

だから、冒頭の質問「後悔しない人生を過ごしていますか?」に対する基本的な反応は「自覚できない」となるのが一般的ですね。

でも、現実には[後悔]しやすい生き方と、あまり[後悔]しない生き方があり、それぞれに傾向があるように、私は感じています。

人類が後悔すること抜粋

人生の先輩たち、主に高齢者から、人生で後悔したことを集めてみました。参考記事と、その内容の抜粋を紹介します。

後悔の傾向と対策

人生の先輩たちが後悔したことを紹介しましたが、どう感じましたか?参考になることも多いですね!

私の個人的な感想を言いますと、これは決して自慢ではありませんし、客観的に分析した感想になりますが、「インディゴチルドレン」は「最も人生に後悔しないタイプ」だと感じています。

私もインディゴチルドレンとしての自覚なく何十年も人類と一緒に人生を過ごしてきて、疎外感を感じていましたが、この「先人たちの後悔」リストを見ていると、インディゴチルドレンは、後悔しにくい選択を直感的に行い、周りに従わず、疎外されている反面で、だからこそ他の人類が後になって「もっとやっておくべきだった」と思うことを、多く実践してきていると思います。

なにも「インディゴチルドレンを見習えば人生の[後悔]が未然に減らせますよ!」と言いたいわけではありません。

でも逆に、このような先人たちの後悔例を参考にすれば、後悔は減り、結果としてインディゴチルドレンに近い生き方になりますよ!と言うことはできます。

インディゴチルドレンに次いで、他のスターチルドレンたちも「後悔」しにくい生き方ができる、それしかできない傾向があると思います。

人類とスターチルドレンの大きな違いが「周りに流され、他人の人生を生きてしまい、それに後で気づき、後悔する」ということですね。死が近づき、肉体を離れる時期が近づくと人類はスターチルドレンに近い心境となるわけです。

[後悔]もせずに、つまり「内省」をせずに、楽しく「幸せだった」と人生を終える人もたくさんいますし、それも自由なことです。

早めに、先人の体験を参考に、内省をして、「気づきにくい後悔」を未然に減らす人生を選択するのも自由であり、それはその人の決意でしか方向は変わりません。

[人生に後悔する人に足りないもの]

[人生に後悔する人に足りないもの]それは、3つあると思います。どれかひとつが足りなくても後悔しない実践はできません。

内省

「内省」は「客観視」であり、それはまた「霊性」の高さと密接に関係しているとも思います。スピリチュアル表現すれば、ハイアーセルフを感じ、それに従って生きるということになると思います。

先見性

「先見性」は、「今」だけに追われたり、囚われたりせず、少し先の将来の環境・心境を見通せる能力。これにもハイアーセルフの力を使える能力が関係してくるでしょう。

勇気

上の2つのうち、いずれかひとつや、あるいは両方ともできていても、実践する「勇気」が足りなければできません。

やろうと思っても、周りから疎外されることを恐れれば、勇気が湧かずに、自分らしさを自ら殺して、周りに合わせて生きてしまいます。

実際、「勇気」が最も鍵になるケースが多いのではないでしょうか、それが現代社会、そしてそこで嫌われず、疎まれず生きていく術と解釈、「自分を正当化」してしまう罠や試練というものではないでしょうか。

あなたも、自分に与えられた自由な選択肢の中で、人生の節目や、気持ちに余裕のあるときに、「後悔」について考えてみてはいかがでしょうか!

後悔しない

【Music】Listen 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる