宇宙~地球を貫く魔法の数字[12]

この地球と宇宙には、各所で魔法の数字が使われていると思います、それは「12」という数字です。

今回は、そのうちいくつかを一緒に見ていきましょう!

宇宙関連の情報は「Project Vega」というサイト(現在は閲覧不可能)情報を参考にしています。

目次

12の宇宙

以前「この宇宙は第4宇宙」だと紹介しましたが、宇宙創造当初に合計12の宇宙が創られたそうです。そのなかには非物質宇宙もあり、この第4宇宙は「物質と非物質」が混在する宇宙になっています。

地球初の文明をつくった12種族

エデンのつくり方

地球外生命体が地球に来て、各所にエデンをつくるが、そのつくり方に特色がある。

12の円柱型アンテナを地表から約1.6km地中に埋める

そしてアンテナを起動させると、アンテナ間でエネルギーが繋がり、周波数ドームが形成される。

DNA構造

現代人類のDNAは二重螺旋構造だが、本来は12重螺旋構造であり、二重以外の部分は故意に潰されてジャンク(くず)状態になって残っているが、実は3次元の物質界では見えない高次元で存在しているという。

  • 4重螺旋:身体活動を司る
  • 6重螺旋:身体の自己治癒力を司る
  • 8重螺旋:病気や寿命という身体のシナリオを司る
  • 10重螺旋:感情や性格を決める設計図
  • 12重螺旋:人生のシナリオを司る

チャクラ

チャクラは7つが一般的に使われていますが、これも12か所あるそうです。(右の画像はクリックで拡大可能→)

黄道12星座

西洋占星術で使われている。

干支|十二支

wikiを見ると十支というのもあるらしいが、東洋では十二支が一般的に使われている。

十二支:

12ヶ月

1年は、12ヶ月で分けられていますね。あまりに一般的なので説明は省きます。

時計

時計の針は12まである。1日は24時間で、時計を2周することで24時間とされ、時計1周は12時間

これを偶然と呼べるか

このように、大宇宙から、小さな腕時計まで、至る所で12が使われています。

これを「偶然」と呼ぶのは難しでしょう。

地球外生命体たちにより意図的に使われてきたことが伺えます。

約数

12の約数は、1,2,3,4,6,12

現実の物質界において、様々な状況で個数や角度を等分(等しく割る)必要がありますが、約数の多さはバランスの取りやすさにつながっていると感じます。地球外生命体の知恵なのでしょう。

このように不思議な魔法の数字[12]に囲まれた、この宇宙、この地球で平和な世界を築くために、私たち現代人には想像もつかない効果があり、先人や地球外生命体はそのことをよく知っていたのではないかと考えています。この数字をもっと理解し、有効に活用していきたいですね!

EDEN

【Music】Time 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる