ワクチンで世界のエアライン(空路)に異変!

世界でワクチン接種騒動が続いていますが、ワクチンがもたらす影響について航空会社から情報のリークがあったようです。

目次

ワクチン接種後血栓により1週間で4名のパイロットが死亡

BitChuteに投稿された動画を貼ります。画像をクリックで動画視聴できます。(英語のみ)

BitChute
Leaked Airline Documents Reveal Blood Clots Killed The 4 British Airways Pilots and there is more... 3 pilots dead at Delta, A cargo plane pilot passed out on the tarmac in Canada before a flight and the flight was rescheduled. Plus all of the "sick" pilots at ...
リークされた航空会社の文書が血栓を明らかにし、4つのブリティッシュエアウェイズのパイロットを殺害しました。さらに多くのことがあります…

私は英語がわからないため、見出しに書いた内容「ブリティッシュエアウェイズのパイロットが1週間に4名、ワクチン接種後に血栓により死亡」しか聞き取れません。

英語がわかる方は、動画の内容を参考にしてください。

米航空、需要回復に人手追いつかず アメリカンは減便

同じ時期にアメリカではこのような人員不足の情報が出ています。

アメリカではまだ、リーク情報がありませんが、イギリスでの内部情報はアメリカに伝わっていて当然です。

そのため、操縦中の死亡を事前に回避するために、「ワクチン接種していないパイロットや客室乗務員の人数不足」である可能性もあります。

6/24-既にワクチン接種者の(航空)便の予約が難しくなっています

こちらは、日本から入手可能なアメリカと日本の状況です。

リンク元から抜粋

アメリカの状況

アメリカン航空などはワクチンを接種したパイロットが飛行機を操縦することができなくなり多くの便を欠航せざるを得なくなったとの情報がありました。チケットを予約するときにワクチンを接種したかどうかを訊かれるようです。ワクチンを接種した人は高高度で血栓になりやすいため飛行機の乗るのを控えるよう航空会社から要請されているようです。

日本の状況

昨日(6/23)、日本の複数の空港でも国際便の欠航が相次いでいることを知りました。6/24も成田空港発の国際便で21便が欠航。

新型コロナウイルスワクチン接種の副反応で血栓症が起きるメカニズム

このリンクは日本の病院の情報です。

ワクチンと血栓の関係

新型コロナウイルスワクチンは筋肉注射しますが、接種すると筋肉から毛細血管に入って全身に回り、ワクチンが血管内皮細胞に取り込まれると、抗体を既に持っている人に接種した場合、抗体が血管内皮細胞を攻撃して血栓を作ると某テレビに出ている大学教授がある医師に話したという噂がありますが、納得できる内容だと思います。

エアライン(空路)に与える影響

私も以前から知っていたことは、「飛行機による高高度では、気圧が高くなり、出生直後の乳児でも生後7日間は搭乗許可されず、8日目以降の搭乗であっても個人差により耳の鼓膜が破れることがある」ということがあります。

それと、エコノミークラス症候群ですが、これは正式には、「肺血栓塞栓症(肺塞栓症)と呼ばれ、血のかたまりが肺の血管で詰まることで起こる。」症状だそうです。

パイロットや客室乗務員が、ワクチンによる血栓によってこのエコノミークラス症候群になったら大変ですね!

まだ一部の情報がリークしたことと、残りはヒントとなるようなピース(欠片)だけの状況ですが、事故が起こっても大変ですし、欠航が多発するのも人々の仕事や生活の計画に悪影響が出ます。

空の旅は、陸の移動以上に情報が大切な分野ですので、各国の航空会社は内部情報を隠蔽せず、早く公開してほしいものです!

ワクチンに関する情報についても、人類は以前よりも敏感に嘘やごまかしを察知できるようになってきていますので、今までのように隠蔽がうまくいく状況でもありません。

世界中の人々で情報を交換し、冷静に安全で平和な生活を送っていきましょう!

エアライン

【Music】Look at the Sky 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • I conceive you have mentioned some very interesting points, thankyou for the post.

コメントする

目次
閉じる