アンデス文明と神代文字

今回は南米のアンデス文明と日本列島の縄文文明の共通点を見ていきたいと思います。

目次

アンデス文明wiki;

アンデス文明1532年スペイン人白人)によるインカ帝国征服以前に、現在の南米大陸ペルーを中心とする太平洋沿岸地帯およびペルーからボリビアへつながるアンデス中央高地に存在した文明。
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明といったいわゆる世界四大文明などと異なり文字は持たない。その担い手は、1万2千年前に、ベーリング海峡を渡ってアジアから移動してきたモンゴロイドの中の古モンゴロイドとされる。”
”ヨーロッパ人による物質的な征服に続いて行われたのは、魂の征服である。つまり、キリスト教布教のため先住民の持っていた独自の宗教は弾圧を受けた。その後、カトリック化が進み、また征服以降しばらく続いた異教徒弾圧などで、アンデス文明に存在した精神世界は徹底的に破壊されたが、それでも形を変え現代でも生き残っている。”

ロス・タヨス(太陽鳥洞窟)の黄金版

エクアドルの地下都市ロス・タヨス(太陽鳥洞窟)の地下240mで黄金版が発見された。

縦52cm、横14cm、高さ4cm。この黄金版は何千枚もあったと言う。

これらほとんど全てはナチスによって持ち去られた。

この黄金版は解読不能と見なされていたが、後に古代日本の神代文字(出雲文字)で書かれている(解読も不要)ことが判明した。

「これなる金の板にイサクとヨセフ記す
ここに我がクルの実集めしめ
後の世に伝えて
いしすゑたらしめん        /いしすゑ(礎)       
ヤハウエを我らのカムイと崇めよ
 
いさかひを避け とこしへに溢れる命を重ねしめ /いさかひ(諍い)、とこしへ(永久)
チチカカのカムイを祈り祭らしめよ」

ロス・タヨス(太陽鳥洞窟)にはニールアームストロングも探検隊として参加し、探検が行わている。

洞窟の全容は未だに解明されず、迷路になっている所もあり、危険なため封印されている箇所もある巨大な地下通路網があり、海底へ続いているものもある。

地下迷宮の謎と黄金伝説in南アメリカ!!

あわせて読みたい
インナーアース インナーアースについて紹介します。 内容を見て、みなさんそれぞれ自由に感じてもらえば、それでいいと思います。 私は私とハイアーセルフの感じるままに従います。そ...

アンデス文明の特徴

・効率を追求せず人力にこだわる、自然の摂理を重んじる文明

家畜はリャマ、アルパカなど少数で、動物に牽かせる車輪も発達しなかった。

回転運動を利用する道具が無く、「ろくろ」も実用化されなかった。
ヨーロッパでは、人々の利用する道具は石器から、青銅器、鉄器へと変化し強度や作業効率が高まっていった。ところがアンデスでは製鉄技術は生み出されなかった。

・弓矢の利用を抑止し戦争回避、集団秩序を脅かすような技術は封印

東のアマゾンの人々は弓矢を用いたので、アンデスの人々はその技術を知っていたにもかかわらず、あえて弓矢の使用を受け付けなかった。

集団秩序を破壊したり、互いに合い争う戦争へとつき落としかねない危険な技術は、あえて封印した。ここにも、利便性に流されることなく、総合的な判断において「弓矢」の利用を抑止している、自然の摂理にそった価値観を見ることができる。

・交換(や市場)に委ねず自給自足にこだわる

本来、食料をはじめ集団に必要なものは「自給する」のが当然であり、集団の死活を外部に委ねることなどありえません。この点においても、アンデスの人々は、自然の摂理にそった生き方をしていた。

・物財でなく労働そのもの、そして共同体の紐帯、それが生む充足そのものに価値をおく

アンデスで重要なのはどれだけモノを持っているかではありませんでした。豊かさとは、その人を助ける人がどれだけいるかでした。

共同体の紐帯、相互に期待しあう関係が生み出す労働力、生産力そのもの、そして、そのような繋がりが生み出す共認充足の力そのものに価値を見出す。

私を理解している人なら分かっていると思いますが、「私はアンデス文明の祖先が日本だ」という主張をするつもりはありません。その当時日本列島に国家は成立していません、世界中どこにも国家が成立していない時代です。それに私は盲目的な日本崇拝者ではありませんから。

だけど、古代には地球外生命体が地球に来てメンターとしての役割を行っていたと考えています。そしてメンターを務める地球外生命体の日本列島と南米との移動手段には宇宙船を使うのがごく普通のことです。

そういうわけで、日本列島で人類に使わせていた神代文字(出雲文字)を南米でも使わせていたとしても不思議ではないし、日本列島から南米への渡航手段として、庶民用には船しか考えられなくとも、地球外生命体なら船に拘る必要もないと考えます。

この他アンデス文明には、物質文明を敢えて進化させずに平和を維持する理念が強く、また交易すら行わずに自給自足を貫く意思も素晴らしく、自然の摂理に反しない生活についても高い精神文明を気づいていたとリスペクトします。日本列島の縄文文明よりも精神文明が高かった点がいくつもあると思います。

その後、そのような尊い精神文明が物質文明により収奪され破壊されたのは残念ではありますが、それも経験・学習です、人類はまたそこから学び、その経験を将来へ活かしていけばいいし、そのチャンスはあるのです!ー宇宙の法則

突然消えた文明のように見えるのは、どこか(インナーアースか地球外)へ集団移動したのだと私は感じています。

アセンション後にアンデス文明を築いてきた人たちやその人たちの魂に会い、当時の様子を学ぶことができれば幸せだなと思っています!

【Music】 Anyone 

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる