ブログサイトを変更しました!旧サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンをホーム画面に登録の方は、お早めにこの新サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンを設定してください!https://hikari369.com/

人類は癌を克服できるか? 人類は癌ビジネスを克服できるか?

【癌対策後進国向け】

現代の先進国では、死亡原因の上位に位置する[癌]克服のため、世界で情報共有しながら各国で努力をしてきている。

しかし、日本では政治・行政・医療・教育・報道の全分野で結託した情報統制が行われて庶民に有利な情報を与えられず、時代遅れで庶民に不利な治療方法の選択肢しか与えられていない。

これはWW2(第二次世界大戦)敗戦以降に実質主権を奪われ続けている政治体制の影響もある(日本国外で急に需要が減った医薬品を日本に強制的に買わせる、日本需要を減らさないように不都合な情報は隠蔽)。

しかし、もしかすると日本以外の国でも日本と同様の癌対策しか庶民に与えられている可能性もあるので、あなたの母国で与えられている選択肢が日本に似ているのかどうか確認してみてください。

少なくとも日本にとって前回の記事にはこの医療ビジネス問題も付け加えるべきなのです。

引用;

目次

抗癌剤は時代遅れ?アメリカは抗癌剤を使わない治療にシフトしている

癌大国のアメリカや欧米諸国では、「抗癌剤は増癌剤である」と見限られつつあります。癌の死亡者数が年々減少している米国では、抗癌剤は癌を治す上で無意味であることが早くから公表されています。アメリカ国立癌研究所:NCIでは、1988年に数千ページにも及ぶ「癌の病因学」という報告書で「抗癌剤は増癌剤である」と言って世界を驚かせています。
抗癌剤はそのほとんどが「劇薬」や「毒薬」のカテゴリーに属す薬であり、その副作用は、正確には毒性と呼びます。アメリカなどでは、3大治療から免疫や遺伝子医療などの代替療法などにシフトしつつあり、年間数千人単位で癌の死亡者数が減ってきています。

これらの情報を知っている日本庶民はほとんどいません。

医療技術は進歩しているにも関わらず、死亡者数が年々増加傾向にある。

アメリカの医療事情を知る日本人医師がYouTubeで告白しています(動画に年齢制限が掛けられているので、リンクアドレスだけを貼ります。日本語だけで日本以外の閲覧者にはすみません);

【戦慄】クスリはリスク!~良い子は飲んじゃダメ~ 

関係字幕部分(日本人医師によるコメント)抜粋;

日本以外では抗癌剤を[遺伝子合成阻害剤]と呼ばれている。WHOもこれを使用自粛するよう通達している。日本厚生労働省がこれを通達しない理由は「市場在庫があるため」と回答。
日本の癌ビジネスは世界的に見ても最凶最悪の醜悪ビジネス。癌患者(と家族)に絶望・不安・激痛・死を与えるビジネスなのです。
アメリカの癌患者は(表情が)明るい、癌は治ると思っているから。
癌は乳酸アシドーシスを改善すれば治る!癌は身体の酸化を還元する、つまり電子を失った身体に電子を与えていけば治る病気です。
日本の癌ビジネスは抗癌剤(マスタードガス)で殺し続け、癌が原因で死んだと信じ込ませるビジネスです。
日本は欧米で毒薬だと露呈した薬やワクチンの在庫処分場です。人を殺したり害を与えると露呈した毒薬を捨てずに、家畜扱いしている日本人に押し付けている。
子宮頸癌ワクチン、血液製剤、抗癌剤などがその代表です。
エイズやギランバレー症候群、乳酸アシドーシスになろうが、死のうが、日本人ならいいか!という感じです。(過激な表現のため省略)日本の医師は自分や自分の親族には抗癌剤を使用しませんが他人には(平気で)使います。
マスタードガスで患者を殺しても法律で罰せられませんし、むしろ国から推奨されています。(省略)日本では毎日約千人が病院(の医療)で殺されています。
日本ではゴミを路上に捨てたり、浮気したり、飲酒運転したりすればまるで極悪人のように批判されます。それほど日本人は潔癖です。
製薬会社や医師のやっていることは、そんなこととはレベルが違います。医師や薬が病気を治してくれる!と信じている人を騙して殺しているのです!(省略)
なぜこんな極悪行為を許しているのか理解に苦しみます。これ以上の悪行は思いつきません。(省略)
洗脳と無知の恐ろしさを、本当に思い知っています。
癌宣告されても、絶望しないでください。
癌宣告されても医師の脅しに屈しないでください。
手術・抗癌剤・放射線被曝をしないでください。(省略)
陶板浴・水素・プラズマ・電子治療器・アーシング・食事療法・温熱・光線・テラヘルツ波などを駆使すれば改善していく可能性が高いのです。
メディカルカッピングという方法もある。
日本の癌患者の多くは癌治療で殺されたのを癌が原因で死んだと信じ込まされているのです。癌を治す方法はいくつもあり、組み合わせることも可能です。
それを知っている癌患者は笑いながら癌治療を受けています。人類が癌を克服できないのは支配者・製薬会社・医師が殺人的な偽の癌治療を行っているからです。
癌が怖いのではなく支配者・製薬会社・医師とそれらが提供する正規治療が怖いのです。(省略)

もうひとつ、癌で夫を失った女性の反省から導いた対策動画(日本語だけで日本人以外のかたにはすみません);

動画要約:

1.各国で受けられる費用優遇制度を調査神聖。医師の言いなりにならず、自分にも選択肢があることを知る。医師が癌になった時に選ぶのは癌全種において[緩和ケア]

2.癌患者コミュニティを探して参加し、情報交換する。

3.免疫療法:日本には丸山ワクチンという治療法があるのでそれを受けたい(次回発生時)

4.生活の質を高める(免疫力、自然治癒力)ためにあらゆる手段を尽くす。

私がこれを記事にしたのは、日本人やそれに似た境遇の国の人たちへ恐怖や過度な刺激を与えるためでは決してありません。私も日本国外で駐在勤務中に親戚を癌と癌治療により失い、辛い思いをしたと同時に、癌宣告された時に日本国外にいたため、その知らせを受けておらず、こういった情報収集活動などの治療方法模索という支援活動が一切できなかった無力感に襲われた経験があり、今後は少しでも癌ビジネスの被害者を減らすことに参加したいと考えているからこその記事投稿です、どうかご理解ください。

癌細胞は人の体の中で毎日、数百から数千個も発生していて、 1つの癌細胞が1センチの大きさ(約10億個の癌細胞)になるのに10年かかるそうです。

T細胞(リンパ球)NK(ナチュラルキラー)細胞が癌細胞の増殖や転移するのを抑えるそうです。

健康時や癌細胞拡大以降の免疫維持向上も重要なことで、健全なライフスタイルの研究・実践も関係しそうです。

また、動画の女性が挙げた対策5の[癌と共存]という考え方は、私が日頃記事にもしている自然や動物と共存の考え方や生き方に通ずるものがあり、地球や環境への尊重精神が免疫力や病気予防にも役立つと感じています。

逆に厳しい見方をすれば、日頃からの地球・環境・自然・動物それに加え、植物などへの尊重が足りなかったり、軽視・無視したライフスタイルに気づかないと、無意識に何かネガティブな事象を引き寄せてしまうものだとも感じます。宇宙の法則:引き寄せの法則

NK cells kill cancer – NK(ナチュラルキラー)細胞が癌を殺す;

日本や似た癌治療環境の国の人たちで一緒に、世界に蔓延る癌ビジネスを克服できるように情報共有・交換をしていきましょう!

【Music】 If We Hold On Together 

Räfmät for Better Place..(礼!

目次
閉じる