ブログサイトを変更しました!旧サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンをホーム画面に登録の方は、お早めにこの新サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンを設定してください!https://hikari369.com/

第4の宇宙 創造の歴史~Terraの歴史

今回は宇宙の歴史、Terraの歴史についてご紹介します。

内容が難解なので、今までの記事全て読んでからでも理解が難しいと思います。

急がず、以前の全ての記事を閲覧した後にこの記事の閲覧をお勧めします。

Terraはこのブログでも新出単語になります。マザーアースの原型という位置づけになりますので、普段は使わないようにしています。

以下のサイトを参考にしていますがサイトの文章は非常に難解ですので下に要約(重要なことが多いので要約も長いです)を貼り、その後で要点の説明をします;

創造の簡単な歴史 (あなたは本当にどこから来たのですか?)

神の力:プライムクリエーター

各部分:オーバーソウルorグループエネルギー

記憶に残る始まりはなく、プライムクリエーターの存在に終わりはありませんでした。

成長と学習の可能性を高め、それを効率よく行うためにプライムクリエーターは「拡大」「分割」を実行し、接続通信を維持した。

同時に、新しい各部分はそれぞれ、魅力的なパスを成長させて探索する完全な自由を持っています。

 各部分で得られた経験と知識は、学び、経験したいことをすべて完了したときに、やがてプライムクリエーターに戻ってきます。

プライムクリエーターは、物理的な生命と物理的な形を作成。

プライムクリエーターによって12の宇宙が作成された。地球人類が住んでいる宇宙は第4の宇宙。

オーバーソウルは思考形式を作成して実験できることに気づきました。

オーバーソウルはどんな物理的な形でも一緒に作成することができました

自由意志の宇宙では、判断も、善も悪もありません…全ては経験であり、全ては学習です。

プライムクリエーターによってその宇宙の人々に課された規則や制限はありませんでした。

グループのエネルギーとしてではなく、グループのエネルギーの中で、個人のエネルギーとして行動し、考え、存在し始めました。

個々の霊はプライムクリエーターよりも優れていると考え始めました。

すべての力はプライムクリエーターとのつながりから来ているという認識を失うことを許していました。

一部の人々は、自分たちが、魂とのつながりなしに、もっと一人で学ぶことができると意識的に決めました。

これらは個々の精神になり、プライムクリエーターとのつながりを失うにつれて自分自身が変化していることに気づきました。

彼らはもはや以前のように生命を創造する能力を持っていませんでした。

彼らはかつて持っていた能力を忘れ始め、自分たちが作った惑星に引き寄せられた。

彼らの多くは、これらの惑星での創造を助けたいくつかの生命体に住み着きました。

多くの魂が物理的な生命そのものを実験し始めました

それぞれが物理的な現実を体験する機会を与えるために、エネルギーを別々の精神エネルギーに分離する必要がありました

やがて彼らは自分自身を「精神的」自己よりも「物理的」自己と考えるようになりました

他のオーバーソウルはプライムクリエーターの近くにとどまり、非常に高い頻度で美しい惑星と生命体を作り続けました。

この知識をもとに、特別なプロジェクトを開始することが決定されました。

宇宙のすべての領域から、魂のグループが選ばれました。

プライムクリエーターは非常に特別な惑星の創造を求めました。この惑星は素晴らしい「美しさと多様性」を持つことになっていました。

宇宙全体の各惑星で作成された生命体のDNAのサンプルは、同様の生命体を作成するためにこの惑星に運ばれることになりました。

これらの生命体はすべて1つの惑星に存在します。

目次

 惑星は「Terraと呼ばれることになっていた。

宇宙からの魂、霊、そして他の宇宙が訪れることができる幸せな場所。

本来計画されていたテラのクオリティの高さ

「私(Jo Amidon)のハイヤーセルフがそれを思い出したのか、私は全身が震え、涙が止まらなくなりました」

霊は惑星を訪れ、生命体を観察し、体験するものを選び、物理的な形態に入ることができます。

カエル、猫、象、または木であることを体験し、それぞれの現実がどのようなものかを見ることができます。

いつでも自由に出て、いつでも戻ることができます。

人間の形は、地球の世話人になるように設計されました。

その形を簡単に体験できるようにするために、精霊によって使用されることになっていました。

人間の形の身体機能と生命の「サポート」に責任がある特別なタイプの自我が作成されました。

自我は、人間の形と惑星の世話をする責任がありました。

すべての生命体は平和的に共存するように計画されました。

多種多様な物理的形態と環境に非常に夢中になりました。

彼らは、物理的な形を離れることができること、または離れないことを選択できることを忘れ始めました。

より多くのオーバーソウルがその形態、特に非常に好まれた人間の形態にとどまり始めました。

多くの人が神の力とのつながりを忘れ始め、自分たちを地球人だと考え始めました。

他にも計画外の検討事項がありました。

地球上で発生した多種多様な生命体と創造物のために、自由に利用できる創造物のエネルギー、つまり普遍的な生命力が大量にありました。

多くの「訪問者」が一緒に仕事をし、創造のスキルを伸ばすのに非常に人気のある場所になりました。

元々の生命体の多くは、物理的にだけでなく、元々与えられていた平和な共存を可能にするエネルギーも、実験的な訪問者によって劇的に変化しました。

 作成されたとき、「Terra」は9次元であり、宇宙の多くの惑星よりも高い周波数でした。

地球が純粋な学習の中心であり続け、すべての人に共有されるという当初の意図によるものでした。

すべての物理的形態は、本来の目的のために、ライフサイクルを必要とせずに永遠になるように作成されました。

生命体への精神的な愛着や、惑星を離れる意欲の連続的な欠如など、生命体に変化が起こった。

惑星の「周波数」は低下しました。

惑星の計画は必要に応じて変更されました。これは、これが物理的な生活体験とライフサイクル体験のための惑星になることを許可するという決定がなされたことを意味しました。

周波数の最初の低下時に、他の多くの変更が追加されました。

名前がTerraからEarthに変更され、周波​​数が6次元レベルに下げられました。

より多くの経験を可能にするために、ライフサイクルと生まれ変わりのサイクルが追加されました。宇宙の他の惑星ですでに使用されている生まれ変わりのサイクルを通じて、より大きな成長が起こると感じられました。

・このサイクルを通して、最終的に神の力に再接続する可能性が高くなり、他の人が地球上で利用可能な経験に参加する機会も増えると感じられました。

睡眠、生存のための食物摂取の必要性男性と女性の性別の創造、性交による生殖、出産、そして死の経験が追加されました。 

ハイヤーセルフの作成スピリチュアルガイドの追加、および多次元性の使用の追加も、以前にこれらの方法で開発したことがなかった人々のために起こりました。

以前に他の惑星で物理的な生活を経験したことがある人々は、すでにハイヤーセルフ、スピリチュアルガイド、そして多次元性で働き始めていました。

他の惑星からの多数の存在が入植地を形成するために地球にやって来始めました。

大多数は創造能力の研究と探求のため、または発展途上の地球人について学ぶため。

新しい惑星地球の開発に影響を与え、影響を与える機会を持つようになった人もいます。

これらの外部エネルギーの追加、これらの追加された影響がもたらした遺伝的構造と変化、そして地球と彼女の上に住んでいた存在に影響を与えるであろう多種多様な惑星の教えと文化は大きく変化しました。

当初の計画は変更が許可され、惑星は関係者全員の自由意志の探査を許可することによってどのような進展が起こるかを見守っていました。

ー要約 終

【参考】

ラニアケア超銀河団

局部銀河群

ここから要点の説明をします。

・この歴史は母なる大地に住む人類が何者かによって支配を計画される以前までのものです。

自由意志の宇宙では判断も善・悪もない…全ては経験、全ては学習

これは過去記事でも取り上げてきたことですが、善悪は無いです。全てを知っていない段階で軽率・無責任な善悪の決めつけとそれに基づく行為は諌めるべきです。

判断も無い、同じく軽率な判断はNGであり、知的生命体であることを忘れたネガティブな思考となりますので控えるべきです。私が頻繁に「感じる」という単語を使うのは、判断や思考や「信じる」という言葉を放棄しようとしている姿勢の現れです。第6感、ハイアーセルフに委ねて肉体を信用しないという習慣です。

全ては経験と学習。

私がよく使う「知っていればネガティブ感情は湧かない」という思考習慣はこれらに基づいています。宇宙の法則

プライムクリエーターとのつながりから来ているという認識を失う

この認識を失ってから堕落が始まります。

・以前のように生命を創造する能力の喪失

・自分自身を「精神的」自己よりも「物理的」自己と考えるようになった。

プライムクリエーターは素晴らしい「美しさと多様性」を持つ非常に特別な惑星を創造

宇宙全体の各惑星で作成された生命体のDNAのサンプルは、同様の生命体を作成するためにこの惑星に運ばれた。

これらの生命体はすべて1つの惑星に存在します。

 「Terraは9次元であり、宇宙の多くの惑星よりも高い周波数

宇宙からの魂、霊、そして他の宇宙が訪れることができる幸せな場所。

自由に利用できる創造物のエネルギー、つまり普遍的な生命力が大量にあった。

本来計画されていたテラのクオリティの高さ

「私(Jo Amidon)のハイヤーセルフがそれを思い出したのか、私(Jo Amidon)は全身が震え、涙が止まらなくなりました」

ハイヤーセルフが思い出しただけで全身が震え、涙が止まらなくなるほどに高いクオリティを計画されていたのです。

この宇宙ではそれを回復しなければハイヤーセルフたちのミッションは終わらないのです。

時間がかかってもいい、5次元へのアセンションなんて、小さなひとつの通過点に過ぎないのです!

ポジティブな進化の欲望はそれほど強く、切望するスピリットの数も膨大なのです!

[Music] Beauty And The Beast 

https://youtube.com/watch?v=r708UHrK64Y%3Flist%3DPLeYQhf4yGdTi9ObUh49G3T5oMOWhrThid

人間の設計と責任

人間の形は、地球の世話人になるように設計されました。

人間の形の身体機能と生命の「サポート」に責任がある特別なタイプの自我が作成されました。自我は、人間の形と惑星の世話をする責任がありました。

すべての生命体は平和的に共存するように計画されました。

純粋な学習の中心であり続け、すべての人に共有されるという当初の意図によるものでした。

物理的形態は、本来の目的のために、ライフサイクルを必要とせずに永遠になるように作成されました。

地球の世話・全ての生命体が平和的に共存、これが人間の設計・役割・責任です。

これを違反した行動は無責任な暴挙であり、進化の妨害です!

惑星の周波数低下と名称変更

生命体への精神的な愛着や、惑星を離れる意欲の連続的な欠如など、生命体に起こった変化により周波数低下。

TerraからEarthに名称変更され、周波​​数が6次元レベルに下げられました。

6次元Earth以降実施された変化

・ライフサイクルと生まれ変わりサイクルの追加。

・このサイクルを通して、最終的に神の力に再接続する可能性が高くなり、他の人が地球上で利用可能な経験に参加する機会も増えると感じられました。

睡眠食物摂取の必要性男性と女性の性別の創造、出産・死の経験を追加。 

ハイヤーセルフの作成スピリチュアルガイドの追加、および多次元性の使用の追加

以前に他の惑星で物理的な生活を経験したことがある人々は、すでにハイヤーセルフ、スピリチュアルガイド、そして多次元性で働き始めていました。

その後の変化

他の惑星からの多数の存在が入植地を形成するために地球にやって来始めました。

大多数は創造能力の研究と探求のため、または発展途上の地球人について学ぶため。

新しい惑星地球の開発に影響を与え、影響を与える機会を持つようになった人もいます。

これらの外部エネルギーの追加、これらの追加された影響がもたらした遺伝的構造と変化、そして地球と彼女の上に住んでいた存在に影響を与えるであろう多種多様な惑星の教えと文化は大きく変化しました。

当初の計画は変更が許可され、惑星は関係者全員の自由意志の探査を許可することによってどのような進展が起こるかを見守っていました。

まとめと私見

重要性が高い内容があまりにも多く、これ以上私から追加することはありません。

私も5次元アセンションに貢献するミッション以降の進化については現時点では不透明ですが、私のハイヤーセルフも9次元「Terraに憧れ、アセンション後の目標にして、それを達成するためのミッション参加を希望しています。そのミッションに3次元からアセンションしたばかりの人類を強制的に巻き込むつもりはありませんので、人類とお別れすることになるかもしれません。

「Terra」への憧れ、恋慕については人類も一人一人、自分のタイミングでハイヤーセルフが思い出すかもしれません。タイミングはそれぞれ違っていいのです、それも多様性なのです。

あなたが3次元、5次元、6次元、9次元のうちどれを目標とするか、あなたも私もそれぞれ別の目標があってもいいのです、自由なのです。

でも今はまだ、先ず5次元へのアセンションについて取り組む段階です。

私・私のハイヤーセルフの好む方法としては、「5次元アセンションという中間点までの道」の方向を「9次元Terra復興のための道」と合わせながら進めば、回り道が少なく、多くのスピリットの支援(叶えたい大きな夢)を受けられるので順風に乗れると感じています。

中間点までの道だと、課題の大きさに圧倒されずにリラックスして進めることもメリットです。

ゴール設定を5次元にすると、それまでの過程で方向性の意見が右往左往して、ぶれ易く、団結力も弱く、支援も受けにくい「暗いトンネル」になり、緊張も伴うので、良い選択とは感じません。

いずれにしても、私も今後この内容を何度も学習して、記事投稿やその他の表現活動をしていきますので、みなさんもそれぞれがマイペースをキープして、リラックスして一緒に取り組んでいきましょう!

将来永遠の進化のための幸せな「今」に乾杯!

[Music] Jupiter-English Ver.

Räfmät for Better Place..(礼!

目次
閉じる