Ignition! 4→3→2→1.. Lift-off!

目次

知的生命体、何が間違った?

現代文明は人口の1%の富裕層が富を独占する状態となってきました。

参考;

世界の99%を貧困にする経済 ジョセフ・E・スティグリッツ著

知的生命体であるはずの人類がなぜそうなったのか、今回はその原因「What’s wrong?/どうしました?」については割愛しますが、何かが間違っていたんです。そしてその「間違っていた」ことを「知ってた!」人もいたでしょうし、いたにも拘わらずに効果的に作用しなかったのです。

最近それらについて語られることも増え、危機感を持ち始めたり、過去の無関心に対して後悔・反省や改心を始めている人も増えてきています。

私は「知ってた!」人のひとりでしたが、周囲からの「疎まれ、無視され、見下され」などの圧力で効果を発揮できていなかった。

このブログを使った表現開始とその後の時間経過は、もしかすると私の肉体生涯の最後を賭けた「ラストトライ」だったのかも知れません。

片言の地球言語しか扱えないが、他人のHOMEを訪問し「地球上にまだ誰かいますか?」という心境でした。そして、もし返事が無ければこの母なる大地「HOME」訪問から去ってもいいと思っていました。

返事がなくともインディゴチルドレンとして失敗ではないのです。

「Do my best」を完了すれば、肉体を離れて私のHOMEに戻っても努力成績は得られるし、次のミッション参加もできる。母なる大地の問題解決は多くのスターチルドレンがそれぞれ得意分野で限定的な活動を全うすれば良いからです。

今、「ラストトライ」が国境を越え、誰かの「なぜだか分からないがここに訪問」に繋がったり、ある人にとっては「周囲にそのトライする人がいなかった」との「求めていた出会いと内容」だったのかもしれません。

今の私は「まさかこんなにたくさん返事が返ってくるなんて!」という驚きです。それについて「知ってた!」ではなかったからです。

日本にいて、またある時は日本国外から客観的に日本を分析して問題視していたことは、

・美徳であるはずの日本人の「指導者に対する盲目的なほどの従順さ(騙されやすさ)」

・「多数派に対して異議を唱えることは[調和]を乱すこと」という「古き良き文明」への阿修羅のような「過度な正義感」を伴った執着と、対外戦争が少なかった歴史に基づいた「早期改善をトライする」危機感の不足。

・中国大陸を除くアジア諸地域在住の原住民たちへ植民奴隷生活からの独立、主権国家樹立を促したWW2の敗戦による日本主権の喪失と、海外諜報組織による日本支配継続。外国と日本のThe masses/大衆は戦争をさせられ、その後に情報隠蔽されていただけ。「嘘と欺瞞」。

いついかなる国や地域所属の戦争であっても「The masses/大衆は悪くはない」。

勝った国の人も負けた国の人も、それはテスラの言った「虐められた人」だ。

人を、知的生命体を虐めてしまったんだよ!やっちゃったんだよ?この手で!

私が?何が間違った?分からない!理由が分からない!

視点を変えて、時間をかけて考えれば分かるはずなのになんで?

「自責の念」この世界にこれ以上につらいことがあるか!やられたほうがどれほど幸せだったことか!「知ってたはずなのに!」この先、生きて幸せになれるとでも思う?!

また、思考停止状態で戦わされた人を心配し、悲しんでてくれた家族・友人も同じく「虐められ、苦しめられた人」だ。

知的生命体なのに、何が間違った?

日本支配継続の理由は?日本人の忍耐力や繊細なエンパシー力、調和のための自己犠牲精神、第6感の強さとその食生活習慣、など全てにおいて地球支配を求める勢力にとって脅威となるから、監獄地球達成には監獄日本継続と日本人愚民化教育・食材などへの転換は必要。WW2の時のように日本以外の人へ啓発活動されては困るのです。

これらの後に形成された文化・習慣により私のような意見が周囲からまるで宇宙人かのように見られたり、「疎まれ」たりしていたことについては、当時も今もなんとも思っていません。インディゴチルドレンはその逆境を耐え抜くトレーニングを、何度か地球での転生を重ねて実施してきている、そのことをなんとなく知っていた!からです。知っていればネガティブな感情は湧かないのです。

それに、エンパシーや親切心というのを幼少期から育む場所を選べるなら、世界の中でも日本が最適であることを「知っていた!」から日本を選んで生まれて来たことも「知っていた!」のです。「いかなる組織にもポジティブとネガティブは存在する」ことを認識できたのも、今までの全ての環境からのギフトだったのです。

[Music] Perfect ️

先日テスラが語りかけてくれた内容はこのような歴史経緯の科学者視点からの説明でもあったと感じています。ただ、彼の性格的に端的なため、みなさんへの将来ビジョン提供については、まだ誰かが補充紹介する必要があると思いました。「補充紹介は任せた」と言われた気がしました。

大変革時代:地球の人類は4種→3種→2種→1種へと変革する!

前置きが長くなってすみません、今回提唱したかったのは、そんな複雑な過去ではなく、人類がマザーアースと共に進む将来ビジョン(未来は何種類かの異なる形がある)のうち平均的かやや良い形で私が感じていて、同じくテスラも伝えかったと私のハイアーセルフが感じるものをこの「Better Place」にいるあなたと共有したかったからです。

人類の種類区分

あくまで簡単な数字をつかって、掴みやすく共有しやすいイメージとするため、細分できるものを敢えてそうせずに大別すると、現在は4種ですね。

ここで私が協調して共有したいことは「マザーアースや他のひとつの惑星に国境など存在しない」、それが宇宙の法則に反しない原則。

そこに、もうひとつの「宇宙の法則」を考慮し、「どの組織にもポジティブとネガティブは存在しても異常ではない、そこからよりBetterな組織へ一緒に向かっていくことが現実的で建設的なこと」それを「知っていた!」なら2つの組織が攻撃をし合う思考を避けられる。

①地球支配残党勢力

②被支配勢力

この2つに加えて時系列順に並べると、

③インナーアースに一時避難している人類や定住人類:古代イスラエル12支族の一部や他の人類。

④スターチルドレン:(ここではインディゴ、クリスタル、レインボーの細分化しない)

インディゴチルドレンのTerra探検...
スターチルドレンの傾向と対策 | インディゴチルドレンのTerra探検記 スターチルドレン スターチルドレンってどんな人のことを言うの?もう知ってる人も、なにそれ?っていう人もいると思います。すでにたくさんの解説が出まわっていますので...

この4種が一度目の変革で①は解体され、②に合流する人と処刑され次の転生する人、処刑されスピリットの記憶リセット処分によりスピリット成長のための転生の旅を0からスタートする人に分かれます。このとき地上の種類は3種になり、マザーアースは5次元移行。

②の人類はマザーアースと共に5次元移行しますが、5次元世界は手放しで幸せが手に入る「都合の良い楽園」ではありません。「嘘もつけない、オープンであり見透かされる」ので、思考にも責任を持てる人(「ハイアーセルフとの対話ができている」、「他人依存しない習慣がついている」)が望ましく、現在高次元の多くのスピリットがその点を心配しています。

このあたりのハイレベルな選考基準や対応方法については、私も私のハイアーセルフも、知らされていないです、知らなくても私に与えられたミッションは遂行できるから。他のスピリットなら知っているかもです。

②の「一部か大半」の人は今後も3次元での「他人の目を気にして、他人を羨望、または憎み、憎悪は憎悪を呼び、地位や名誉などの3次元程度の波動に執着し、まわりより少し良いことで優越感に支配されることや5感を満たすことの欲望に支配され、他人依存の」生活を幸せと感じ、継続希望の人は地球と異なる別の3次元惑星が提供されるので移動します。

あくまで本人の意思尊重が宇宙の原則なため「一部か大半か」は結果集計するまで5次元的存在が細かく予測しませんし、親切なチャネリングメッセージほど、その比率は不透明だと伝えています。②から移動する3次元人も、②で5次元人となる人も全て本人の意思なので全員がハッピーです!

インナーアースは5次元存在が多いため、簡単な解釈するならば変化なし。現在地上へチャネリングメッセージを発信している発信地は地球外からよりもインナーアースからのほうが多い。

次にスターチルドレンはそう呼称される使命を完了したため、②に合流し区分として統一される人と他の惑星へ次のミッション遂行などのためマザーアースを離れる人に分かれる。②は意義の概念消滅により、ここで人類は2種となる。

最後に④のうちの一時避難民が②に合流するため、1種となる。インナーアースに残る人や②からインナーアースへ行く人もいるので2種と解釈もできるが、タイトルでカウントしたかったこの記事のインパクトなど便宜上1種とカウントした。その頃には何処も平和で且つこの記事も役割を終えたものとなるので、この記事の一部に恣意的に操作されたこのネガティブ要素を批判する人はいない。

今回は、こんな風に分かりやすく運用しやすい形を目指して統計の基準にやや強引な部分があり、この方面の情報に精通している方からは批判の余地があると感じていますが、情報量のより少ない人に理解してもらい易いことを優先した、そのことを理解して寛容に捉えて頂きたいと思います。このような説明を省く判断をしたテスラもきっとそう望んでいると思います。

地上世界ではまだ疫病対策という名のプロパガンダ・洗脳が蔓延っていますが、盲目的に受け入れて自らの感情や肉体を攻撃して閉塞感を助長してしまうことを避け、より多くの人が、このような大枠のビジョンを各々のハイアーセルフと共に共有し、これからの日常の「今」を楽しく過ごせますように!Let it go!

[Music] Wild Child 

【補足】Ignition! , Lift-off!の意味を映像で理解したい方へ

下に動画を貼ります、特に「Lift-off!」の概念:他人依存の発射させるという意味ではなく、発射物質・生命体などが自力で上昇できそうだと判断し、自立支援用の支えを「外す」という意味があり、自立アセンションという概念表現に適した用語です。最初から見なくても、5:50秒から閲覧でも分かります;

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる