PCR検査発明者キャリー・マリスの遺言

目次

新型コロナウィウスという「情報」の蔓延が止まりません

相変わらず同じ手法を使って、連日マスメディアによる報道が行われています。

あまり何もかもを疑うのはネガティブな人間と言われても仕方がありませんが、「疑う」と違和感を「感じる」は異なります。

五感と第6感

以前にも投稿させて頂いていますが、前者は五感を用いた行為であり、後者は第6感によるハイアーセルフからの啓示です。恐怖に支配されているほど第6感は働きにくくなります。先ずは恐怖感から自分を解放しましょう。自分をコントロールして、ハイアーセルフからの啓示を待つ、です。

思想コントロール

コロナウィウス問題が発生してしばらく後になってからPCR検査による思想コントロールが加速してきていますね。それに気づき始めた人も増えてきています。そうです、地球や人類のバイブレーションが高まり続けているから、第6感が冴えてきているのですね。

キャリーマリスの遺言

キャリー・マリス 

アメリカ合衆国の生化学者。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績により、1993年にノーベル化学賞及び日本国際賞を受賞した。

彼は昨年、謎の死を遂げたそうです。また消されたのでしょうか。私は彼もインディゴチルドレンだと感じます。そのために転生してして来てくだっさのでしょう。

正式な遺言書とはなっていませんが、生前、彼は自らが発明したPCR検査について、「PCR検査を感染症の感染判断に使ってはいけない!」と世界人類に向けて思いやりのある警告を発していたそうです。

そして、その後に謎の死、その後に武漢肺炎の開始、新型コロナウィウスの蔓延が始まっていたのです。

まさに思いやりのある遺言ではないでしょうか。

恐怖政治

恐怖政治が始まるのでしょうか?

恐怖から自分を解放することができる人にとっては、恐怖政治が始まっても動揺することはありませんね。

動揺してしまう人は、先ずは恐怖から自分を解放することに専念しましょう!

動揺が収まります。

感染症の症状に似た症状が出たら、自らPCR検査を受けますか?

受ける前に自分なりに、より多くの情報を集めてみましょう。

何か第6感が働き、啓示があるかも知れません。

5感での判断に頼らず、第6感に頼ってみませんか。

依頼心が強ければ、頼って出た結果に対して、情報提供者の責任にしたくなったりするものですね。

バイブレーションを高め、真の自分に委ねることができれば、どのような結果に巻きもまれようとも情報提供者などの責任にしたいという感情は湧かないはずです。少なくとも私はそうです。

動揺しない「私自身」

様々な情報が溢れる状況が続きますが、何事にも動揺しない「自分」を磨き続けましょう!

焦る必要もありません、マイペースを保って、動揺しない。

情報に対して動揺しない自分自身を楽しみましょう!

【Music】At My Worst 🎧

Räfmät(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる