ブログサイトを変更しました!旧サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンをホーム画面に登録の方は、お早めにこの新サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンを設定してください!https://hikari369.com/

太陽が2つ という価値観

目次

宇宙では太陽が2つ以上という連星は珍しくない

現在の太陽系では、太陽が一つというのが常識ですが、広い宇宙では太陽が二つ以上という連星は珍しくなく、むしろ常識といえます。

太陽が二つ以上存在する連星系惑星は例外ではなく常識だった

・地球から654光年離れているKELT-4Abという惑星は恒星を3つ持っています。

・太陽系から約4.3光年しか離れておらず、最も近い恒星系であるケンタウルス座α星系は三重連星である。ケンタウルス座α星Aケンタウルス座α星B、そして暗く小さな赤色矮星、プロキシマ・ケンタウリから成る。

太陽は一つ、という固定観念に囚われず、連星のことも知っておけば、アセンション後の新地球で太陽が二つ以上になってもパニックにならずに受け入れることもできます。

価値観を多く持っておいて、いろんな可能性を柔軟に受け入れられる状態は、波動が高い状態であり、アセンションに有効です。

どんな新たな価値観が来ても受け入れられるゆとりを持っておきましょう!

【Music】Halo 🎧

Räfmät(礼!

目次
閉じる