砂糖 現代でもっとも危険な麻薬

もうかなり以前、2013年のことになるが、オランダの首都アムステルダムの公共衛生局長が、砂糖は中毒性がある危険な麻薬であり、制限するべきだと主張した

目次

砂糖は、アルコールやタバコと同じような麻薬だ。

砂糖を摂取すると、空腹感が収まったあとでも、さらに摂取したくなる。卵であれば、ある程度で食べるのを止めることができるのだが。食品産業はこのメカニズムを悪用し、食品を必要以上に甘くしている。と主張している。

そして、「砂糖には中毒性があり、健康に害を与える可能性がある」と警告するラベルを貼ることを提案した。

またそれ以前には、以下のような政策を政府により実行されていました。

砂糖中毒はGHQの占領政策でもたらされたと言ってもいい。

医者の診断によると、砂糖中毒になると一旦、砂糖が体内に得られると急激に脳から興奮物質が出て、しばらくすると激しい気分の落ち込みに襲われるそうだ。

自分自身が中毒にならないよう注意すると同時に、同居・別居家族とも知識や情報を共有して中毒から守っていきましょう!

【Music】Save Your Life 🎧

Räfmät(礼!

コメント

コメントする

目次
閉じる