クジラから人類へのメッセージ

目次

近況

サイト攻撃により、旧サイトは死んでしまい、このサイトに乗り換える形で再出発しておりましたが、その後も相変わらずサイト攻撃は続いていて、管理者権限でのログインができず、長い間投稿が途絶えていました。

今まで投稿を楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら、この期間、それに応えることができなかったことをお詫びします、ご心配かけてすみませんでした。

私としてはこのような事態は、ブログを立ち上げる前から想定しており、今後も途絶える可能性を想定済です。

「情報共有されたくない勢力が依然として存在しているのだな、それでも今後それらの勢力は弱まり、人数も減っていくだろう」と思っています。

特に時代の変革期には避けては通れない事態ですからね。

「サイト攻撃をまだ受けている時期は、まだこのような情報発信が必要」という解釈もしています。

そういった勢力に雇われ、サイト攻撃活動を行っている人たちに対しては、一人でも多くの人が、できれば早いタイミングで「改心」して、一緒に活動したり、同じような活動を始めてくれることを願っていますし、ポジティブ(前向き)な波動をその人たちにも送っています。いつかその波動に共鳴してくれますように!

現在はまた、投稿が可能になりましたので、あくまでマイペースですが、時々投稿をしていく予定ですので、よろしくお願いします。

でも実は、ここで私の心からの願いを打ち明けますと、「このブログから学べることはもう無いな、もう見なくてもいいな」と、より多くの人がこのブログから卒業して羽ばたいて活躍してくれることを祈っています!

チャネリングメッセージ/ルイーズ・ジョーンズ

ルイーズ・ジョーンズさんのことは知っている方も多いかと思います。占いで有名な方で、水晶やタロット占いで得た予言に近い情報提供活動をされています。

予言についてはこのサイトでは取り扱わないことに決めていますが、今回は珍しくクジラからチャネリングメッセージ受けたそうで、その内容はこのブログサイトのテーマとも合うと感じました。

大部分の内容は、過去にこのブログでも記事にしてきたことですが、その他の新しい内容もありますので、メッセージ翻訳動画を転載紹介させていただきます。

予言に興味のある方は、同じ動画投稿者による日本語翻訳動画が沢山投稿されていますので、関連動画を視聴してみてください。

この動画の話す速度はやや速いです。この速度での日本語が理解できない方のために、下に日本語文字起こしを行い、その後で要点解説をします。この速度の日本語で視聴できる方は動画を視聴していただければ、文字起こしの部分はスキップしてもらって構いません。この速度で日本語が理解できない方は下の日本語文字起こし部分を自動翻訳機能による母国語で読んでください。

「クジラが話せるのか?」、「クジラとはどんな生き物、下等動物ではないのか?」など、クジラについての予備知識が欲しい方は、記事下の関連記事をご覧ください、参考になる内容があり、「クジラが人類へ話したいことがあるのは不自然ではない」という理解を得られると思います。

関連外部記事

私が、寝る前や、その他思い出したとき等、クジラの泣き声Musicを聞いていることは以前紹介しましたが、今回はそのリンクも貼っておきます。長時間ですので、興味のある方は都合のいい時間だけ視聴してみてください。

この他にも同類の動画がネットに上がっていますので、お気に入りのものを探して視聴するものいいでしょう。

要点・注釈と補足情報

スターゲート(星間門)

大きなスターゲートは3つあり、そのうち2つは海底にある。

地上にいくつかあるという情報は、以前にも知っており、そのうちいくつかはこのブログでも紹介したと思います。

このクジラ情報によると、海底にもあり、地上よりも多いのですね。

そう言われてみれば、そうでしょうね、と私は感じます。

海底や海中という環境は、現代の人類にとっては技術的にまだ克服困難で、未開の地域ですが、高い技術力を持った地球外の生命体にとっては、進出や定住も容易で、人類が監視困難だからこそ、利用しやすい地域なのでしょうね。

津波リスク

アメリカの東海岸海底にあるクラックは津波を引き起こすリスクを感じている。

日本の(東)海岸の沖合にある海底火山が噴火するリスクを感じている。

日本近海の海底火山が噴火すれば、津波の可能性もあるでしょう。

私は災害や死を恐れませんが、被害に遭いたくない方は参考にしておくのもいいでしょう。

死や災害を恐れない境地を体得することは、災害に対して恐れ、物理的に備えるよりも遥かに賢明(宇宙的に)と思います、でもそれは難しいことかも知れませんね。

クジラ情報にもありましたが、【タイムラインが変われば、未来は変わる】ので、それも多くの人類にとっては良いことかも知れません。

「災害が来るなら来ても構わない、でも私は災害が来ない未来にフォーカス(集中)する!」と願い、念ずるのもひとつのポジティブな対策と思います。

大事なのは、悪い予言の類に対しては、恐れで反応しないことです!恐れはネガティブを引き寄せるとてもネガティブな感情です。

それから、「大きな進歩や飛躍の前には大きな挫折や痛みを経なければならないもの」というのも道理です。

一見、自らにとって不利なことから逃げたり、避けたり、それしか望まなければ、大きな進歩も飛躍も放棄することになる、そう考えることはできませんか?

魂の成長・進歩のため、引き受けるべきことは受ける心境を養ってみませんか!

人類の欲望が招く悲劇

人間の欲望によって、石油・プラスチックによって私たちの文明の多くが殺されています。

クジラは、今回、石油・プラスチック・アルミという単語だけを使いましたが、広く石油製品全般のことも指していると解釈すべきだと思います。

現代人は、石油製品を使用し、購入・消費・廃棄するシステムを強要されています。

例えば、麻と共に生きる文化は日本では突然禁止される法律が外国人によって強要されましたし、様々なフリーエネルギー技術の特許申請は無視されて承認されていません、特許申請が無視されたことはこのブログの読者のなかにも居て、その人からのコメントも寄せられています。

これは人類支配勢力の企みであり、石油を使う必要のないシステムは、抹殺され、黙殺され、石油製品にだけ依存する生活を押し付けられましたが、それに慣れて、それ以外を考えない、試さない現代人にも責任があるのです。

石油製品の購入や使用を控える努力を怠る人類にも責任があるのです。

クジラはそのことにも警鐘を鳴らしたかったのだと、私は感じます。

クジラの声が聞こえる者

クリスタルチルドレン(=スターチルドレン)には私たちの悲しみ・嘆きが聞こえるからです。

今回、クジラはスターチルドレンのことを言ってくれました。

ここで、チャネリングについての注釈をしますと、クジラは「クリスタルチルドレン」とか「スターチルドレン」という単語を発してはいません。「地球と人類のアセンションを支援するために、志願して地球へ転生、成人へのウォークイン(憑依)ではなく、人類の母親に懐妊してもらって地球人として生まれてくる子供たち」というイメージを発信します。そこで受信者の定義・区分や語彙力に従って言語化されます。

今回のチャネラーが、「クリスタルチルドレン」と解釈しました。私なら「スターチルドレン」と解釈します。またもし、別のチャネラーなら、そのイメージに当てはまる言葉は「スターシード」、「インディゴチルドレン」、「ライトワーカー」になると解釈すればその単語表現が使われます。

こうしたとき、視聴者にとって最も便利なものは、チャネラーやそのチャネリング内容翻訳者、それを読み上げた配信者、文字起こしを行ったブロガーなど、それぞれの人の、スターチルドレンとかライトワーカー、さらにその細分した呼び方の説明を見ることができれば便利です。その点においては過去記事に区分を掲載しているブログが便利なツールと言えます。以下に私の過去記事を貼ります、これを読むと私の区分方法と区分基準、それぞれの違いなどが分かります。こういった付属資料が探しにくい媒体や配信者が「クリスタルチルドレン」という言葉を使用しても、理解し難かったり、誤解を招く(クリスタルチルドレンとしか言っていないから、インディゴチルドレンやライトワーカーなどはクジラさんが言った人たちには当てはまらない、という意見を持つ視聴者が出てしまう)

スターチルドレンの一員であるインディゴチルドレンのひとりとして私も同感です。

「聞こえる」というのは比喩であり、「五感を通して聞こえては来ないが、第六感で感じる」という表現のほうが適しています。

私が過去記事で何度もイルカやクジラの話題を取り上げたり、川やダムや海や土、地球環境に関心を寄せてほしいと呼びかけていることが、「聞こえる」ことから動かされるアクション(反応)です。

自然環境以外にも動物への尊重を呼びかけている記事も少なくありません。

けれど、彼女の妹が悲劇的な形で人類が捨てたごみに因って愛する子を亡くしてしまっていることや、彼女の尾ひれが傷つき身体障害の身になってしまったことなどは、聞かされて初めて聞こえてきた内容です。そこまで聞こえることができなかった私の能力不足に対しては強く痛みを感じます。

私も兄弟の子供を医療ビジネスという人類の欲望の産物に因って亡くしたというつらい経験をしていますので、その事件と重なって目に映りました。

形として戦争が起こっているエリア以外でも、地上でも海中でも、このように頻繁に人類による虐待や虐殺が起こっているのですよね。

ちょうど、昨日、めったに見ないTVで70年以上前の戦争経験をした日本人老婆が次のように語っていました。

「自分がいいものを食べれたらそれでいい、いいものを着れたらそれでいい」という考えの若者が増えている。人の欲望が横行している限り、争い・戦争がなくなることは決してない

「TVで価値のある報道は見ることができない」という考えで、TVはほとんど見ない私ですが、その瞬間だけ、その番組に引き寄せられたのでしょうね。自分の祖父や祖母からは戦争について、一言も聞くことがなかったのに、今や希少となりつつある戦争経験者、人生の先輩から価値のある素晴らしい言葉を頂きました。そのことに感謝します。

今後も引き寄せられた時だけはTVを視聴しようと思います。

銀河戦争の勝者と敗者

この銀河戦争ではLIZZYS(トカゲ型宇宙人:ネガティブなレプティリアンを指す)は勝利できません。

彼女は、ネガティブなレプティリアンが勝利できないと言っています。

他の記事でも書いていますが、レプティリアンが全て悪い存在だと誤解しないでください。ポジティブで善良で、クジラと同様に人類を愛して、支援してくれているレプティリアンも存在します。

宇宙の法則:どんな種族、どんな組織にもポジティブとネガティブは存在する。物質的な肉体を纏っているなら、どんな個体ひとつのなかにもポジティブとネガティブが存在する。私の中に天使も悪魔も居ますし、殺人鬼の中にも清らかでポジティブな精神が少しはあります、殺人鬼の魂はその経験を通じて何かを学びたかったのであり、何百回も生まれ変わる全ての人類、全ての魂は殺人の経験は既に済ませているか、そうでなければ必要な経験なのです。酷い行いをする人を見かけたら、「それは過去か未来の自分の姿」と解釈する習慣をつけましょう。

どうか、この宇宙の法則について可能な限り自らで情報収集して検証してください。

それともう一点、彼女は「勝利できない」と言っていますが、勝者と敗者を二分したりしていません。

私は銀河戦争に勝てないネガティブなレプティリアンと共に成長進化することを画策して活動したいと考えますし、クジラである彼女もきっとそう考えていると私は想像します、そんな彼女の感情も「聞こえて」います、感じています。

高次元の知的生命体であるほど、そういった思いが強くなるものです。

理解しにくいかも知れませんが、【勝利=幸せ】ではありません。一緒に幸せになれるなら、勝利などという次元の低い概念はどうでもいいような小さな価値しか無い概念です。

スピリチュアル世界で[二極化]という言葉を軽薄に使用して、スピリチュアルビジネスの成功を狙っている人がいますが、皆さんはそんな次元の低い、ネガティブな表現である二極化という言葉に惑わされないでください。一時的な勝利などに酔いしれたり、逆上せ(のぼせ)上ったりしないようにしましょう、それはゴールとすべき崇高なものではありません。

勝てないと分かってもらえた相手に改心や進化の道を歩むチャンスを提供したり、一緒に歩める究極の幸せというビジョンを持ち、その可能性をあきらめない精神を養っていきましょう!

人類を支援する地球外生命体

プレアデス星人たちは、あなたたちについて偉大なる知識を持っていて、素晴らしい食料を生み出してくれます。野菜:素晴らしい食料となる物質です。

プレアデス【日本語名:昴(スバル)】は地球よりも進化している文明ですが、他の進化した文明のなかでは最も進化度が低く、地球の状態に近いので親近感という点で支援がうまくいきやすいパートナーと言えます。ただ、プレアデスは地球人類に過去のカルマを抱えており、支援が遅滞していたことがあり、その状況を踏まえて、アンドロメダからも応援に加わっています。

食生活についての警鐘

あなたたちは食物連鎖をチェンジする必要があります。

ファーストフードには気をつけてください。できるだけオーガニック(有機農産物およびその加工食品)なものを食べるようにしてください。そしてできるだけ健康的になってください。

未来において、あなたの子供の子供は牛乳は飲まなくなります。人体にとってそれは悪いものだと証明されるでしょう。

哺乳類のなかで、あなた方だけが、他の哺乳類のミルク(乳)を飲んでいるのです。

食生活についても、いくつかすでに過去記事で提唱させてもらっています。牛乳についても取り上げました。除草剤や化学肥料なども石油製品であり、環境に悪いものが多いです、それを取り上げたこともあります。

ファーストフードを避けた方が良いことは、すでに知っている人が多いかと感じて、取り上げたことはありません。

人類は知らず知らずのうちに牛肉などに混ぜられた人肉を食べさせられている可能性については取り上げたことがあります。人類の欲が人肉を引き寄せる可能性について。

食生活は個人差も大きく、国際的にも環境の格差が大きい問題ですね。でもそれぞれの状況に合わせながら、この機会に、食生活についてや食事の回数についても見直してみるといいでしょう。

言い出せばきりがないですが、農薬や化粧品などにも関心を持ち、「生活の原点」について考え直し、できることを実行していきましょう!

私も、しつこいと思われることを恐れずに、今後も、食関連記事を追加していくことにしますね。

家族の死と葬儀

私たちは人類と同じように喪に服すのです。私たちはあなた方を愛しています。

クジラやイルカも喪に服す習慣があるのですね、初めて知りました。

さすが高度な知性を備えた知的生命体ですね。今後はクジラやイルカのことをもっと多くの人類に知ってもらえるよう、今まで以上に情報発信に力を入れていきます。

そして、地球と人類がアセンションした後に、クジラやイルカとたくさん意思疎通をしたいです。

捕鯨に対する意見

今回、クジラは人類の捕鯨について語りませんでした。

過去記事で少し書きましたが、私の解釈は、健全な食物連鎖という観点から、人類が捕鯨をして、クジラを食用としたり、油などを生活に利用することについては、クジラ種族として、想定しており、許容、認可しています。

だから、異議を唱えたりはしなかったのです。

もちろん過去に行った乱獲の過ちは、今後も自粛し、少数の種族も絶滅の危機に瀕することが無いようにコントロールしながら、捕鯨を継続してよいことだと感じています。

水の循環

今回、クジラは人類の食物連鎖について重点的に語り、私が以前に取り上げたことのある【水の循環】については触れていませんが、それも訴えたかった内容だと感じています。

海から大気、雲を経て、山、川、地下水脈へと、途中にダムなどの障害なく、汚された大気を通じてでもなく、クリーンな状態で海に水が戻り、良い循環が継続できるように、現代社会のシステムを見直し、改善していくことも大切です。

クジラは河川の悲痛の叫びについて取り上げる時間がなかったけど、河川も泣いているでしょう。

河川は長い歴史を通じて、常にルートを変化させ、変形して、大切な海へ、健全な水を運ぶ生き物です。人類の一時的な傲慢で変形を阻止することも、地球環境に対する反逆・戦争行為です。地下水脈を堰き止めるようなトンネル開発も同様です。

宇宙の法則:変形しようとするものや自然に対して、固定を強要すれば、破滅を招きます。固定や支配しようとする欲望は大きな災害となって返ってきます。

人類は、ルートを変えた河川の傍で新たな仮の住居を構えて、地球と共に暮らしていけばいいのです。そうすることで、地球から恩恵を受けられるのです。

最後の挨拶

ナマステ!(ありがとう!お元気で!)

最後にこんな言葉をかけてくれるとは驚きました。

母国語ではない言葉を使って!

日本人である私が毎回、ブログ記事の最後にRäfmät (ウィグル語:ありがとう!)という言葉を使っていることを見られていたのでしょうかね!不思議で、とても嬉しいシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)でした。

私からクジラさんへ最後に、

今まで長い年月、地球と人類を見守り、保護してくれてありがとう!

あなたたちの温かい愛に、なんとか応えて、地球に貢献もしたいんだけど、この3次元ボディを纏っていると、能力不足で不器用で、影響力も小さすぎて、申し訳ない想いでいっぱいです!

「せめてクジラやイルカのように、テレパシーで交信・意思疎通ができれば!」と思い、とても歯がゆくて、無力感に押しつぶされそうになります、とても悔しいです、とても悲しいです。

食生活に関する習慣や歴史に深刻な問題があることですら、気づくのが遅すぎて、鈍感過ぎて、そのことが第六感の萎縮や退化に影響しているのですよね。そして「地球で最も進化した種族だ」と勘違いして、傲慢に生きて死んで行っているのですよね、人類はどこまで愚かになり続けるのでしょうか。努力すれば人類もテレパシーが使えるのですよね。

あなたを想う時の私の涙ではあまりにも力不足で、海を浄化することなど、到底できないですよね!

もっとパワーを身に着けるか、もっと多くの人類に呼びかけないといけないですね!

クジラさん!ナマステをありがとう!

Räfmät

恐れを抱かず、人・動物・植物に感謝し、愛情を与え合いましょう!(これは過去記事で使用した、記事締めの見出し文句です)

下に、MusicVideoを2つ貼りました。どちらも過去記事で使用したもので、Musicの再使用はしたくないというポリシーをもっていましたが、どう考えてもこの2つが今回の記事には適していると感じますので、ポリシーを破り、再使用することにしました。

クジラやイルカたちは賛成してくれている、そんな声が聞こえる気がしています。

この曲を聴き飽きた方にとってはしつこいかも知れませんが、今回の記事の内容に合っているかどうか、厳しい目で検証ください。

【Music】Heal The World🎧

【Music】Caribbean Blue 🎧

Räfmät for Better Place..(礼!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次