元ファイザー副社長の内部告発

すでにこのニュースを知っている方もいるかと思いますが、知らない方もいると思いますのでシェアさせて頂きます。

ファイザーの元副社長がLifeSiteNewsのインタビューに答え、製薬会社と世界各国政府、医学界で人類に対して行っている行為について告発し、人類へ警鐘を鳴らしています。

ファイザーの元副社長兼アレルギー呼吸器のチーフサイエンティストであるマイケル・イェードン博士は、新薬研究を主導する業界で32年間を過ごし、製薬大手を退職しました。

以下、インタビュー記事から抜粋引用します;

元ファイザー副社長:「あなたの政府はあなたの死につながる可能性のある方法であなたに嘘をついています。」

1.現在のCOVID-19の変異が免疫をすり抜ける可能性は「ない」。これは「ただの嘘 」である。
2.しかし、世界各国の政府はこの嘘を繰り返しており、我々が見ているのは単なる「日和見主義が一点に集まっているもの」ではなく、「陰謀」であることを示している。一方、メディアやビッグテックのプラットフォームは、同じプロパガンダと真実の検閲に取り組んでいる。
3.製薬会社はすでに、「変異」のための必要のない「追加」(ブースター)ワクチンの開発を始めている。製薬会社は、現在実験的に行われているCOVID-19「ワクチン」キャンペーンに加えて、何十億本もの小瓶を製造する予定だ。
4.米国食品医薬品局や欧州医薬品庁などの規制機関は、これらの「追加」ワクチンは、緊急使用の認可を受けた以前の注射と非常によく似ているため、製薬会社は「いかなる臨床安全性試験も行う必要はない」と発表している。
5.つまり、これは事実上、繰り返し行われる強制的なmRNAワクチンのデザインと実施が、「製薬会社のコンピュータ画面から何億人もの人々の腕の中に入り、全く必要性も正当性もない余計な遺伝子配列を注入する」ことを意味する。
6.なぜこのようなことをするのだろうか?何の穏やかな理由も見当たらない以上、ワクチンパスポートの使用と「銀行リセット」は、世界がこれまでに経験したことのない全体主義を引き起こす可能性がある。スターリン、毛沢東、ヒトラーの悪事を思い出すと、「大量の人口減少」が論理的な結果として残る。
7.少なくともこれが現実になる可能性があるということは、誰もが「そのシステムが決して作られないよう、狂ったように戦わなければならない」ということだ。

マイケル・イェードン博士は続けてこう言う;

「この一年で、私は、政府とそのアドバイザーが、このコロナウイルスに関するすべてについて、英国民の前で嘘をついていることに気がついた。絶対にすべてだ。症状がなくてもウイルスの発生源になるという無症状感染というのは誤りである。ロックダウンが機能すること、マスクには明らかに自分や他の人を守る価値があること、亜種は恐ろしいものであり、これらの厄介な外国の亜種が入ってきた場合に備えて、国境を閉じる必要さえあることも誤りである。」

「あるいは、私たちが奇跡的に作った現在の遺伝子ベースのワクチンのリストの上に、免疫をすり抜ける変異に対処するための「追加」のワクチンが出てくるだろう。」

「私が皆さんにお話したこと、そのどれもが明らかに嘘である。しかし、私たちの国の政策全体は、これらすべてが大まかには正しいことを前提としているが、すべて間違っているのだ。」

「世界中の非常に重要な権力者たちが、次のパンデミックを利用しようと計画しているか、パンデミックを起こしているかのどちらかは疑いの余地がないと思います。なぜなら、何十カ国もの政府が同じような嘘をつき、同じような効果のないことをして、明らかに人命を奪っている。」

「連中は同じような未来の脚本を語っています。それは、「この厄介な害獣、『バリアント~変異』(ちなみに私は『サミアント』と呼んでいます、ほとんど同じですから)のために、お前らには動き回ってほしくない』というものですが、彼らは皆こう言うのです、『心配するな、潜在的なすり抜けに対処する”継ぎ足し”ワクチンができるだろう』と言うのです。明らかに無意味なことを言っているのに、皆そう言うのです。」

目次

最終局面の可能性:ワクチンの “パスポート “を購買許可に結びつけ、徹底的に管理する

「地球上の誰もが、強制されてもいないのに、説得されたり、おだてられ、予防接種を受けるように迫られることになるでしょう。」

「そうなれば、地球上のすべての個人が、名前や固有のデジタルID、健康状態のフラグを持ち、『予防接種』を受けるかどうかが決まることになります。そのような単一のデータベースを持つ人が誰であれ、中央で操作でき、あらゆる場所に適用され、管理し、いわば特権を提供することができます。この特定の閾値を超えるか、この特定の取引を行うかどうかは、その1つの人間集団データベースの管理者が決定することになります。いったんそれが実現すれば、我々はおもちゃになり、世界はそのデータベースの管理者の思い通りになるのです。」

「例えば、銀行のリセット後に、実際にこの(データベース)、ID、名前、(そして)健康状態のフラグを利用したアプリを使ってしか購買できないことに気づくかもしれません。」

「そして、そうですね、確かに国際的な国境を越えることが、このワクチンパスポートと呼ばれるものの最も明白な用途ですが、公共の場、閉鎖された公共の場に入るために必要になるかもしれないという話もすでに聞いています。もし彼らがその気になれば、将来的にはアプリで適切な特権を得なければ家から出られなくなるだろうと予想しています。」

「しかし、それが[ワクチンキャンペーンの意図]ではないとしても、そんなことは問題ではなく、それが事実である可能性があるということは、[これを読んだ]誰もが、[ワクチンパスポート]システムが決して形成されないように、狂ったように闘うべきだということです。」

「(そのようなシステムでは)彼らがあなたにさせることができる例があり、これが彼らが(人々に)させようとしていることだと思います。」

「ウィルスとそのバリエーション、時間の経過とともに起こる変異についてのストーリーを作ることができるでしょう。そういったストーリーを創作して 囚われの身となっているメディアに埋め込み 代替の情報源を検閲して誰も反論できないようにするのです。すると、人々は『このウィルスは突然変異する』という考えに 慣れ親しみます。それもまた事実ですが、免疫システムをすり抜けるというのは、ウソです。」

「にもかかわらず、製薬会社はそれが真実であると伝えようとします。真実であると伝え、『しかし、私たちは治療法を持っています、ここに追加のワクチンがあります』と言うのです。すると、この単一の世界的な、単一なIDシステムに基づくメッセージが表示されるのです。こうも表示されるかもしれない、「あなたの既存の免疫特権は4週間有効です」と。しかし、その間に追加ワクチンを接種しなければ、残念ながらあなたは「アウト・パーソン」となってしまいますが、そんなことは望まないでしょう?このようにして、人々は追加ワクチンを受けることができるようになるのです。」

政府は嘘をつき、大手製薬会社は前進し、薬規制当局は好きなようにさせ、そして起こりうる「大量人口削減」

「しかし、パトリック、私にはコメントする資格があるので、これを解説しましょう。ヴァンデン・ボシュの目的はわかりません。現在公開されている4,000個ほどの変異体の中には、免疫をすり抜ける可能性は全くなかったのです(つまり、より危険にはならない)」

「にもかかわらず、政治家や(各国政府の)健康アドバイザーは、そうに言ってるのです。彼らは嘘をついています。なぜそんなことをするのでしょう?」

「もう一つとしては、それと同時に製薬会社が、遺伝子ベースのワクチンを調整するのは非常に簡単で、開発を早められ、皆を助けることができるというのです。」

「そして、ここからが本当に恐ろしい点ですが、(米国食品医薬品局)FDA、日本の厚生労働省、欧州医薬品庁などの世界の医薬品規制当局が集まって発表したのです。追加ワクチンは、すでに緊急使用許可を得ている物と非常によく似ていると考えられるため、製薬会社には臨床安全性試験の実施を求めないつもりだと。」

「その一方で、政府やそのアドバイザーがウソをついています。亜種は現在のウイルスとは十分に異なるため、たとえ自然曝露やワクチン接種で免疫ができたとしても、リスクがあり、追加ワクチンを接種する必要があるとい言うのです。つまり、どちらも真実ではないということです。では、なぜ製薬会社は追加ワクチンを作っているのでしょうか?そして、規制当局は好き勝手させているのです。イェードン(私)は正しいか、私には確信があります。でなければこんなことは言わないでしょう。製薬会社のコンピュータ画面から、必要性も正当性もない余計な遺伝子配列が何億人もの人々の手にに入るのです。」

「有害あるいは、致死的な特性さえ導入しようと思ったら、例えば『9ヶ月間にわたって肝臓障害を引き起こす遺伝子を入れよう』とか『この種の生命体に遭遇するまでは、腎臓が機能しなくなる(これはかなりありそうです)』というように調整することも可能です。バイオテクノロジーは、率直に言って、何十億もの人々を傷つけ殺すためのあらゆる方法を提供してくれます。」

「どのステップについても良い説明が思いつかないのです。変異株、追加ワクチン、規制研究なし。良い説明、説明されている手順、説明されているシナリオが考えられないだけでなく、この誤った問題に対する必要な解決策により、今説明したこと、つまり未知の不要な遺伝子配列が腕に注入されることが可能になってしまうのです。 理由もなく可能性としては数十億の人々に。」

「私は非常に心配です。その道が大量の人口削減に使われるのではないかと。」

変異が免疫をすり抜けることは「バカげて不可能」「ただの嘘」

「世界中の政府が国民に伝えている1つの主要なことが嘘であることを示せれば、全てではないにしても、そのほとんどが嘘であることを受け入れるでしょう、私の32年間の経験に基づく意見です。」

「最も異なる変異は、…2020年1月に武漢から電子メールで送られてきたオリジナルの配列と、わずか0.3%しか違いません。0.3%は、これまでの地球上で最も異なる1つの(亜種)です。そして別の言い方をすると、『すべての変異は互いに99.7%以上の同一性を持っている』ということになります。」

「さて、『うーん、0.3%では(免疫を逃れてより危険になるには)十分かな』と思われるかもしれません。答えはノーです。逃げるんです。ここから出るんですよ」

「人間の免疫システムというのは驚異的なものです。このような新しい病原体に直面したとき、プロの細胞が存在するんです。プロの抗原提示細胞と呼ばれるもので、ウイルスに屈しないような荒くてタフなものです。その仕事は、身近な環境にある異物をつかみ、(細胞内で)手足を引き裂くことです。何百ものピースに切り分けます。驚くべきことに、神と自然が与えてくれた多様性のおかげで、異物を認識するための巨大な可変性があり、あなたの体は最終的に15から20の異なる特定のモチーフを使って、このウイルスにスポットを当てます。エピトープと呼ばれるこれらのモチーフは、基本的にウイルスの詳細を示す小さな写真のようなものです。これが、エピトープの役割です。あなたの免疫レパートリーは、このウイルスのさまざまな部分の20種類の正確な写真、クローズアップ写真のようなものです。」

「さて、先ほど説明した0.3%のように、ウイルスのごく一部が変化した場合、その変異体に再感染すると、専門家である細胞がそのウイルスを切り裂き、断片化して、再び提示します。驚くべきことに、すでに見て認識した断片のほとんどが、変異体の中に残っているのです。」

「これが免疫すり抜けに必要なことであり、あなたの免疫から逃れるために必要なことなのです。新しい病原体として登場しなければなりません。その病原体は、あなたの専門家であるチェッカー細胞によって切り分けられたときに、以前に見たことのあるものとほとんど同じものが見つからないような、十分に異なるものでなければなりません。0.3%しか変化していないのに、99.7%(似ている)というのは、とんでもなく不可能です。」

アメリカの最前線の医師の許可を得て転載 

LifeSiteNewsは、広範なCOVID-19ワクチンリソースページを作成しました。こちらでご覧ください。 

関連

元ファイザー副社長:「ワクチンの必要はありません」「パンデミックは事実上終わりました」

COVIDワクチンの司祭:「リスクは利益をはるかに上回っています」

少なくとも9か国が血栓の報告をめぐってアストラゼネカのワクチンを使用しています

「健康な」28歳のお母さんが2回目のファイザーショットの後に突然死ぬ

ポルトガル人の母親(41歳)がファイザーCOVID-19ワクチンを接種してから2日後に死亡

39歳の看護助手が、義務付けられたCOVID-19ショットを受けてから「48時間以内に」死亡する

「非常に健康な」マイアミ産婦人科医、56歳、ファイザーCOVID-19ワクチン接種後16日で死亡

引用転載終わり

勇気を出して告発してくれたマイケル・イェードン博士に感謝します!

このパンデミックについて情報を自ら探して取捨選択して把握している人と報道メディア、政府、医療機関からの情報をただ受け身になって受け入れている人との間で、情報格差が激しくなってきています。

[恐怖]と創作された強迫観念[周囲の動き]を使った洗脳は昔から使われている人類コントロールの常套手段です。恐怖しない!ことでしか冷静に対処できません。

自分自身や家族の身を守るのは自分自身です。自己に責任を持って、社会や周囲に依存せずに冷静に情報を取捨選択して後悔しない対応をしていきましょう!

私の気分と同じようにあなたの心がいつも平穏でポジティブでありますように!

【Music】 What About Us 

Räfmät for Better Place..(礼!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • I was wondering if you ever considered changing the page layout of your website?

    Its very well written; I love what youve got to say. But maybe you
    could a little more in the way of content so people could connect with
    it better. Youve got an awful lot of text for only having
    one or 2 pictures. Maybe you could space it out better?

  • Hello! I’m at work browsing your blog from my new apple iphone!
    Just wanted to say I love reading your blog and look
    forward to all your posts! Keep up the superb work!

  • Woah! I’m really loving the template/theme of this blog.
    It’s simple, yet effective. A lot of times it’s hard to get
    that “perfect balance” between usability and appearance.
    I must say you have done a very good job with this. Additionally, the blog
    loads extremely fast for me on Firefox. Exceptional
    Blog!

  • Some truly nice and useful information on this internet site, likewise I think the style has fantastic features.

コメントする

目次
閉じる