ブログサイトを変更しました!旧サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンをホーム画面に登録の方は、お早めにこの新サイトアドレスでブックマークやリンクアイコンを設定してください!https://hikari369.com/

アースデイ 国際母なる地球の日

目次

アースデイ

アースデイは地球環境について考える日として、1969年の提起から始まり、 国連総会により2010年から実施されている。

毎年各国で環境問題に目を向けるよう、イベントなどは行われてきているが、それが効果的であったかどうかは、人類が勝手な判断して済む問題ではない。

今年はその答えを地球が出した、と言える状況になっている。

新型CV(コロナウィルス)の発生後

新型CV(コロナウィルス)の発生後も、各国は経済活動優先により環境への配慮(感染リスク)を軽視して対策を遅らせた。

それにより各地へ蔓延し、遅れた対応として渡航・外出禁止措置を大規模に取らざるを得なかった。人災である。

地球環境は改善

渡航・外出禁止措置期間中に経済活動がストップして、仕方なくという形で地球環境破壊にブレーキがかかった。

石油製品製造や自動車製造工場の稼働停止、自家用車や航空機利用減少による二酸化炭素排出量激減、原油価格暴落。観光客減少による観光地自然保護。また軍人感染により、交戦能力も低下した。

地球の訴え

これらは本当に人類に必要な産業や製品でしょうか、そこまで地球環境を破壊して人類だけが繁栄していけるのでしょうか、という地球からの訴えでしょう。

文明のしくみを根本的に見直すことを怠ってきたために、強制的にせざるを得ない状況に追い込まれているのだと感じます。

こういった人災を通して、地球環境を重視する考えは増えてきています。

「年に一度しか地球のことを考えない」という傲慢さを棄て、反対に年に一度だけ地球のことを忘れる記念日とし、それ以外は毎日地球環境を維持できる文明の構築を行っていきましょう!

【Music】Young Queen🎧

Räfmät(礼!

目次
閉じる