スターチルドレンの傾向と対策

目次

スターチルドレン

スターチルドレンってどんな人のことを言うの?もう知ってる人も、なにそれ?っていう人もいると思います。すでにたくさんの解説が出まわっていますので、私からは、ざっくりその概要説明と、特にインディゴチルドレン視点から見た分類や、皆さんへのお願いをしていきたいと思います。

地球人類

  • スターシード:魂が地球外惑星に起源を持つ人(これをライトワーカー/[光の仕事人]という場合もある)。驚くかも知れませんが現在は、ざっくり人類の過半数、多い国では8割くらいがスターシードに属するそうです。ただ、個人差はありますが地球での輪廻転生経験が多かったり、この3次元という波動の低い環境に馴染むという優れた才能発揮に偏っていったため、出身が地球でないことをすっかり忘れてしまい、違和感すら感じず、むしろそれが常識と思いこんでしまった人たちは、スターシードには属しますが、以下に列記するスターチルドレンには属さないという関係になります。
  • 当たり前と思い、物質・富・権力・既得権といった波動の低いもの、総じてエゴともいえるものに執着し、恐怖・競争・批判・妬み・侮蔑・諂い・怒り・暴力・環境破壊など低い波動をぶつけ合い、人類も地球も波動が上がらないまま、未来に希望や自信が持てなくなって来ていました。

そうした傾向は現代人に始まった話ではなく、核によって壊滅的となった1つ前の文明からです。

ざっくり2万年以上前にすでに、地球外高次元の存在や地球に宿る高次元の魂は、長い年月をかけて人類と地球が協力し、波動を高めて将来は人類と地球が一緒に5次元波動の世界へ移行するという、他の惑星では当たり前のプランを立て、人類を啓蒙し援助するために特殊部隊を結成して他の惑星起源の魂を地球へ送り込み、何十回の輪廻転生をへて与えられた1つの役割がこなせる資質を身につけるため必要な経験・トレーニングを積ませました。

その特殊使命を受けた人(魂)のことをスターチルドレンと呼びます。

役割に応じて基本的には今回の次元上昇目標スケジュール順序に合わせて出生しますが、どのグループ内でも出生のタイミング早さ遅さとか、異なるグループの資質も少し兼ね備えているなど、グラデーション状態はありますが、私なりの解釈では、それぞれ本来の役割・使命は明確に異なります。

偵察部隊ブルーレイ→破壊部隊インディゴ→地均し部隊クリスタル、そして最後に、何の使命も持たない、地球で転生経験がなく穢れのない新地球人類レインボー

エゴはこの順通りに弱くなり、レインボーはエゴが無い。(低い波動地球に染まっている人ほどエゴが強いということ)スターチルドレンに属さないスターシード地球人は、レインボーチルドレンと新地球で、愛と調和を謳歌します。

元々みんなレインボーの魂だったので、誰もがレインボーに成る戻ることができるのです。

ただし、それを希望して波動を高める人だけです。波動の低い3次元世界に執着したい人も希望は叶います、3次元惑星は提供されます。

特殊部隊の3グループ(ブルーレイ・インディゴ・クリスタル)は、特殊部隊であるが故に任務を成功に導けたあかつきには、新地球を去ります。

勿論所属グループに関わらず、全ての魂は古い地球から解放され自由を得られるため、新地球にしばらく残りたい人は残ります。

ブルーレイ(インディゴパイオニア)

特徴

・なんとなくここが故郷ではないという孤独感を抱きながら生きる。旧態依然としたシステムや慣習に反感を覚えるが、反対意思表示や行動を起こさない。

・控えめでおとなしく静かに生きる。古い慣習にもどうにか合わせる、生きづらいのが人生だと自分を納得させて生きる。

・繊細で弱々しく見えるが、芯は強い、機が熟す(インディゴの登場)のを待つ。

役割

創造的破壊行動をとらないが、そこに取り組むべきテーマがあることには気づくため、間接的にインディゴにヒントを与えたり、機が熟した(インディゴが創造的破壊活動開始)ときに良き理解者となり、インディゴをバックアップしたり、失敗したことについて慰めたりする。

インディゴチルドレン

特徴

・なんとなくここが故郷ではないという孤独感を抱きながら生きる。旧態依然としたシステムや概念に反感を覚え、反対意思表示や創造的破壊行動を起こす。

・行動を起こすので、周囲からは頑丈であろうと見えるが、実は繊細で傷つきやすい。

・感情や考えを言葉で表すのが苦手(泣き虫・口下手など)な反面、言葉を介さずともエンパシー(共感)力・洞察力があり、弱者への思いやりや面倒見が良く、弱者の代弁者となる。

・ありきたりなことや押し付けられたことには興味を示さないが、やりたいことを見つけると人が変わったように輝きが増し、そこからは逆境に強い。自分軸で今重要でないことには消極的で優先順位のつけ方がうまい。

ブルーレイの家庭に生まれたりもする。インディゴチルドレンは出生年代も幅広く、人口も多くいるため、性質も複数種に細分できる。

細分種

・ブルーレイ寄りタイプ

・ピュアインディゴ

・クリスタル寄りで途中クリスタルチルドレンへ進化するタイプ

役割

新しい地球に不必要な古い慣習を見抜き壊す、既得権層から恨みを買うこともある。単なる破壊者と誤解され勝ちだが、洞察力をトレーニングして生まれてきており、古き良きものは守ったり、復活させようという意思も人一倍強く行動に現す。既得権層によって殺される人は、インディゴか、結果的にインディゴ魂と成った人と言える、インディゴ以外は創造的破壊行動をとらないから。破壊後の地ならしはクリスタルチルドレンにバトンタッチ。

クリスタルチルドレン

特徴

なんとなくここが故郷ではないという孤独感を抱きながら生きる。

情緒が安定していて、寛大でおおらか、愛情豊か、親切、年齢のわりに大人びて見える、争いは好まない。

テレパシーによるコミュニケーション力があり、幼少期に話始めるのは遅い、人とのつながりを好み、話好きで手振りや擬態語など独自の感情表現手段が得意。インディゴがいる家庭に生まれたりもする。

役割

インディゴチルドレンによって壊された分野の地ならし役、新たな仕組みの創造はレインボーチルドレンにバトンタッチ。途中進化してレインボーに成る人もいる。

レインボーチルドレン

特徴

地球での過去世を持たない、勿論、各グループ内でグラデーション的に分布があるので、過去世数回経験した人もいる。

オンスケジュール(タイミング的に遅れることなく)に地球に生まれて、何をすべきかを知っている。希望的な見方をするなら、レインボーチルドレンがたくさん出生してきているということは、高次元存在たちの判断として、波動次元上昇は成功の見通しが立ってきているとも判断できる。

周囲のネガティブな空間やエネルギー(低く重い波動)を無条件の愛でポジティブ(高く軽い波動)に変える特殊能力を持っている。ただし、これはレインボー特有のものではなく、地球外では当たり前の常備能力。

小さなコミュニティ(共同体・集団)を好んでつくり、または参加し活動する。クリスタルがいる家庭に生まれたりもする。

役割

クリスタルチルドレンによって地均しされた環境で宇宙スタンダード(基準)な社会・システムを創造していく、地球基準の知識は全くない反面、宇宙基準を完璧に体得している。それは、全ての人類は地球で出生する以前には常備していたことであり、羨んだり逆に崇めたりという必要はない。

ただ、インディゴとクリスタルからすれば後工程(ビジネス用語)であり、お客様、レインボーを除く全ての人類で、意識の改革も含めた担当工程をきちんとこなして、レインボーチルドレンが生きていける環境の基礎づくりをして行きたいですね!

スターチルドレンに属さないスターシードさんたちへのお願い

いろいろと説明をしてきましたが、ここでお願いがあります。

上述のように、ブルーレイ・インディゴ・クリスタルチルドレンは生まれて物心がつき始めた頃からずっと孤独を感じながら、一方では、潜在意識のなかで自らに課せられた使命を崩しては、みんなで成就できない大切なものがあると感じて、心の葛藤を抱え込んできています。

先ずは、その点を理解頂いて、もしかしたらあなた自身がいずれかに属していないか、親子兄弟、親戚、友人、職場や教育現場で当てはまりそうな人がいないか、心に余裕のあるとき、エゴが収まっているときに、特徴のチェックをしてみたり、チェックを勧めてみたりして、早めに気付けるなら、該当本人は心が救われたり、使命に邁進するきっかけになると思います。

そして該当の人への理解や接し方が、慰め・応援・協力・チャレンジなど、高く軽い波動を送ってあげることで励みにもなり、そうしてあげることで、最も有効なこととして該当しない人類自身のエゴの手放し、波動の高まりに役立てると、確信しています。

ひとつの文明が終焉を迎えるかも知れない事態がいくつか起きてきているこの時期を、過去や今の文明について客観的に振り返ってみるいいチャンスだと思います!

ここまでを説明のため、便宜上分類してきましたが、私が強調しておきたいことは、どの人にも全要素が部分的に含まれていて、変化もあるということです。元々は全員レインボー。

分類名称も区切りも時とともに変化します、例えば他のサイトではブルーレイがないとか。

大切なのはどの要素を伸ばしたり、維持し続けられるか、それが金、権力や名声など低い波動のためなのか、霊性を高めるためであるかということです。

ということで今回はスターチルドレンたちの孤独を象徴する曲を貼らせて頂きます。

誰もが、立ち上がるべきときに恐怖を理由に見て見ぬフリをしたり、金にならないという理由で過去や現在に無関心だったり、周囲に流されながらそんな慣習を他の人へ押しつけたり、親のエゴで子供を躾と称して型にはめたりみんなの輪に入りたいと思ってる新地球人類を、そんなつまらない低い波動で孤独に追いやってしまう世の中が少しずつ良い方向へ向かいますように!

[Music] Something Just Like This 

まだ目覚めていない、或いは目覚めかけているがまだ孤独を感じているスターチルドレンへ

あなたひとりじゃないからね!マイペースでいいからね!

Räfmät(礼!

目次
閉じる